NEW

JRA「距離は長ければ長いほどいい」菊の秘密兵器が一発回答! ボルドグフーシュ快勝の裏で明暗分かれた「銀行レース」の破綻

【この記事のキーワード】, ,

JRA「距離は長ければ長いほどいい」菊の秘密兵器が一発回答! ボルドグフーシュ快勝の裏で明暗分かれた「銀行レース」の破綻の画像1

 3歳世代がレベルの高さを証明した先週末の開催。安田記念(G1)に出走したセリフォスこそ4着と敗れはしたが、古馬を相手に18レース中14レースで勝利した。

 2019年に降級制度が廃止されたことにより、近年は3歳優勢の傾向が色濃くなっていたものの、過去3年を優に上回る数字。今年の夏競馬でもかなりの活躍が見込めそうだ。

 そんな強い3歳馬の目玉となっていたのが、春のクラシックで注目を集めたドゥラドーレスボルドグフーシュの2頭である。前者は日曜東京の9RホンコンジョッキークラブT(2勝クラス)、後者は日曜中京の9R一宮特別(2勝クラス)にそれぞれ出走した。

 いずれも重賞に挑戦した前走で3着に入っている実力を評価され、単勝オッズ1.2倍の大本命に支持された。負けそうにない鉄板級の馬が走るいわゆる銀行レースとなり、この2つのレースで転がしを考えた競馬ファンも少なくなかったのではないか。

 しかし、時として現実は厳しいものである。

明暗分かれた「銀行レース」の破綻

 先に発走したボルドグフーシュは後方からの競馬を危惧されながらも直線一気を決めて快勝したのだが、後のドゥラドーレスは超スローの展開で脚を余すような格好で3着。わずか10分後に片方の銀行は破綻してしまった。

JRA「距離は長ければ長いほどいい」菊の秘密兵器が一発回答! ボルドグフーシュ快勝の裏で明暗分かれた「銀行レース」の破綻の画像2
福永祐一騎手

 敗因のひとつとしてはスタートから福永祐一騎手が、手綱を引っ張り通しで位置取りを悪くしてしまったことも大きかっただろう。福永騎手としては折り合い重視だったのかもしれないが、芝2000mのレースで1000m通過63秒6の超スローペース。前走の毎日杯(G3)の敗戦も、後方待機が仇となっていただけに残念な結果だったといえる。

 明暗の分かれた大本命2頭だが、ボルドグフーシュの勝利は秋の大舞台を見据えると、大きな収穫があった。今回圧勝した中京芝2200mの舞台は、次走に予定している神戸新聞杯(G2)と同じ条件。管理している宮本博調教師が、『東京スポーツ』の取材に「距離は長くなればなるほどよさそうだね」と回答したことから、ここでも好走するようならクラシックのラスト一冠となる菊花賞(G1)でも注目を集める1頭になりそうだ。

 一方、事態がより深刻なのは敗れたドゥラドーレスの方か。秋まで休養も視野に入っていながら、絶対に負けられなかった一戦でまさかの取りこぼし。次走についてはまだ不明だが、当初の予定が狂ったことで、今後のレース選択にも影響が出てくるだろう。

 しかも、ドゥラドーレスが敗れたホンコンジョッキークラブTは、この日のWIN5対象レースの一つ目でもあった。対象となった5レースの勝ち馬は、すべて4番人気以内だったものの、大本命と目された馬がコケて払戻も240万円という高配当に……。

 ハズレてしまったファンの中には、中京と東京が逆なら当たっていたのにという声も出ていたとか。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA「距離は長ければ長いほどいい」菊の秘密兵器が一発回答! ボルドグフーシュ快勝の裏で明暗分かれた「銀行レース」の破綻のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合