NEW

JRAエプソムC(G3)傘マーク出現で「421万馬券」の衝撃再び!? 大目標回避の理由は「愛だろ愛」…師弟愛光る特注馬に抜群の勝負気配

【この記事のキーワード】, ,
JRAエプソムC(G3)傘マーク出現で「421万馬券」の衝撃再び!? 大目標回避の理由は「愛だろ愛」…師弟愛光る特注馬に抜群の勝負気配の画像1
トーラスジェミニ

 今週末の中央競馬は東京、中京、函館の3場開催。12日には東京競馬場で第39回エプソムC(G3)が行われる。

 フルゲート18頭にエントリーしたのは12頭。やや寂しい頭数になってしまったが、上がり馬ジャスティンカフェを中心に重賞勝ち馬が半数を超える8頭と好メンバーが集まった。

 そんな中、『netkeiba.com』の予想オッズで9番人気(8日現在)のトーラスジェミニ(牡6歳、美浦・小桧山悟厩舎)が勝負気配を漂わせている。

 同馬が最後に勝利を収めたのは、昨年7月の七夕賞(G3)。それ以降は7戦しているが、2走前の黒船賞(G3)8着が最高着順で、芝を走った他の6戦はすべて2桁着順と低迷している。

 前走のダービー卿CT(G3)では、先行馬総崩れの厳しい展開も相まって12着に大敗。その後は昨年5着した安田記念(G1)に向かうプランもあったが、エプソムCへと矛先を変えてきた。

大目標回避の理由は「愛だろ愛」

 このレース選択について、内幕を知る『競馬ブック』の赤塚俊彦記者は自身のTwitterに次のようにつぶやいている。

「安田記念を予定していたトーラスジェミニ。 しかし特別登録に名前がない」と投稿し、続けて小桧山師のコメントも紹介した。

「オーナーとも原がG1に乗れるなら彼で使おうと話していたんだ。ちょっと間に合わなそう(G1騎乗には通算31勝必要)だからね。エプソムCにするよ」

 小桧山師の英断に赤塚記者は、「愛だろ愛」というハッシュタグを付け「騎手に合わせて昨年5着したG1を回避とは」と自身の考えを綴った(5月26日)。

JRAエプソムC(G3)傘マーク出現で「421万馬券」の衝撃再び!? 大目標回避の理由は「愛だろ愛」…師弟愛光る特注馬に抜群の勝負気配の画像2
原優介騎手

 小桧山師のコメントにあった原というのはもちろん3年目の若手・原優介騎手のことだ。先週末の時点で通算25勝なので、まだG1には騎乗できない身である。そのため、トーラスジェミニが安田記念に出走する場合は、乗り替わりが必要だった。オーナーの理解はもちろんだが、小桧山師と原騎手の「師弟愛」がうかがえるエピソードといえるだろう。

「もし安田記念に出走していても、惨敗続きの近走の結果から苦戦は必至だったと思います。エプソムCでも苦しい立ち位置は変わりませんが、もしかすると今週末の天気がトーラスジェミニと原騎手を後押ししてくれるかもしれませんよ」(競馬誌ライター)

JRAエプソムC(G3)傘マーク出現で「421万馬券」の衝撃再び!? 大目標回避の理由は「愛だろ愛」…師弟愛光る特注馬に抜群の勝負気配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合