NEW

【パチスロ名機列伝】裏モノ全盛期に爆発的ヒットを記録した歴史的名機… 純正スペック&大量リーチ目を武器に時代を席捲!

【この記事のキーワード】,

【パチスロ名機列伝】裏モノ全盛期に爆発的ヒットを記録した歴史的名機… 純正スペック&大量リーチ目を武器に時代を席捲!の画像1

裏モノ全盛期に”純ノーマルタイプ”で大ヒット!

 ハードやソフトが著しく進化した昨今のパチスロ。美麗な液晶画面やインパクトあるランプなど、大当りを射止めた際は様々な手法で告知してくれるが、かつてのパチスロにおける大当り示唆は出目やスベリといったリール上での演出のみで、テーブル方式を採用した山佐のマシンは、圧倒的な完成度を誇る大量リーチ目で多くのファンを魅了した。

 なかでも1990年にデビューした『スーパープラネット』は、登場するマシンの大半が裏モノ化された3号機市場において、純正ノーマル機として爆発的な大ヒットを記録した歴史的名機。

 最大の特徴はボーナスフラグ成立時のみに働く独自のリール制御で、従来の「リーチ目を覚える」という行為に加えて、それが「ボーナスフラグ成立時か否か」を見極めるという、他機種にはないマニア心をくすぐるゲーム性を実現している。

 ざっくり述べると、ボーナスフラグ成立時に停止する出目は各リールで予め決められており、ボタンを押した位置に則して組み合わせを停止させる仕組み。基本的な概念はボーナスフラグ成立以降も同じだが、それら2つの状況下で重複しない出目が存在することから、その出目によって成立ゲームか否かを判断することができるのである。

裏モノの「即連」と同様にコインが激増する「小役集中ゾーン」

 主なリーチ目はボーナス絵柄の組み合わせで構成されるものの、その法則性は非常に複雑。左リール中段7絵柄や土星からのリーチ目、チェリー付ボーナス絵柄のハサミ目はボーナスフラグ成立以降にしか出現しない。

 また、ビッグ終了及び設定変更後には例外なく「フルーツゲーム」へ突入する点も特筆要素のひとつで、この間は単チェリー出現率が3.24分の1、8枚役出現率が3.45分の1まで大幅アップ。フルーツゲーム中はコインがほとんど減らないことから、35.4分の1(3枚掛け時)のパンクフラグよりも先にボーナスを引き当てられれば、裏モノの「即連」と同様にコインが激増することとなる。

 もちろん、このフルーツゲームを活用した設定変更判別も可能で、前日の低設定濃厚台が朝イチからコイン持ち良好であれば設定の打ち変えに期待できる。この判別法は「ジリリン攻略法」などと呼ばれ、幅広く浸透した。

 なお、ビッグ確率は設定1:300.6分の1、設定2:280.1分の1、設定3:262.1分の1、設定4:246.4分の1、設定5:232.4分の1、設定6:226.0分の1、REG確率は設定1:331.0分の1、設定2:309.1分の1、設定3:290.0分の1、設定4:270.8分の1、設定5:252.1分の1、設定6:206.1分の1と、設定6のみ、ややREG偏向。

 機械割は設定1:94.8%、設定2:97.9%、設定3:101.0%、設定4:104.1%、設定5:107.1%、設定6:111.0%で、首尾よく高設定を掴み取れれば安定の収支が見込めた。

(文=編集部. )
【注目記事】
パチスロ6.5号機「激甘マシン」導入記念…現行「機械割100%超」マシン攻略特集
パチンコ「90,000発デビュー」神スペックなど話題を独占…ファン必見の新情報も!!
パチンコ新台「転落なし」の上位モード搭載!?「約93%継続」の超連チャン機が爆誕!!

【パチスロ名機列伝】裏モノ全盛期に爆発的ヒットを記録した歴史的名機… 純正スペック&大量リーチ目を武器に時代を席捲!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合