NEW

JRA【エプソムC(G3)予想】横山典弘×ジャスティンカフェ「不安だらけ」の危険な人気馬! とっておきの穴馬で荒れる重賞を制す!

JRA【エプソムC(G3)予想】横山典弘×ジャスティンカフェ「不安だらけ」の危険な人気馬! とっておきの穴馬で荒れる重賞を制す!の画像1

 今回は春のグランプリまでの狭間に開催される名物重賞・エプソムC(G3)を予想していく。

 先週だが、まず鳴尾記念(G3)はヴェルトライゼンデが来てくれたものの、2着3着はいずれも「切り」と宣言した馬。どちらもローテーション的にナシの馬だったので、致し方ないところだが、ジェラルディーナは本当に扱いにくい馬になりそうだ。消すことの方が多いが、すると来るのが何とも相性の悪さを感じる。

 安田記念(G1)はソングライン、シュネルマイスターのワンツーは予想の範疇だったが、3着がまさかのサリオス。ローテーション的には買えた馬ではあるが、近走のマイル戦では2走前の海外遠征で3着があるだけ。さすがに手を出せなかった。

 では予想に戻ろう。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
新潟大賞典 5頭
マイラーズC、メイS(OP) 各4頭
都大路S(L、OP) 3頭
中日新聞杯 2頭
ヴィクトリアマイル、毎日王冠、金鯱賞、中山記念、京王杯SC、阪神牝馬S、ダービー卿CT、小倉大賞典、モンゴル大統領賞(OP)、海外遠征 各1頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
となっている。先週の鳴尾記念と同じく、中距離重賞ということもあってレース間隔が手頃な新潟大賞典(G3)からの転戦馬が多い。レースの格付けを問わず前走マイル戦から臨む馬も少なからずいたので、ローテーションもさることながら、前走の距離は緩めに見積もった方が良さそうだ。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 2-2-1-5
2番人気 3-1-1-5
3番人気 1-2-0-7
4~6番人気 3-4-4-19
7~9番人気 1-1-2-26
10番人気以下 0-0-2-71
上位人気が今ひとつアテにしづらい。近5年では1番人気と2番人気が2回、3番人気は1回しか馬券に絡んでいない。数字で分かる通り、4~6番人気の馬が良績を残しており、近5年でも7頭が馬券に絡んでいるので、軸はこの辺りの中穴が候補になるか。


「◎」は穴馬だが、6番のノースブリッジを挙げる。

 前走はアメジストS(3勝クラス)。1000m61.2秒の緩いペースで逃げて、そのまま逃げ切った。

 実績で言うならオープン入りしたばかりの馬で、重賞では3歳時にラジオNIKKEI賞(G3)で3着の成績が残っている程度で見劣る部分は多い。

 なぜこの馬に重い印を打ったかと言えば、メンバー中唯一と言ってもいい「ハナを主張したい馬」だからだ。今回は前へ行ける馬はいるが、逃げてナンボの馬が1頭もおらず、逆に後方から差し脚を伸ばしたいタイプが勢揃いした。過去10年の結果を見てみると、3着までがすべて後方からの差しで決まったのは昨年だけで、基本は前残り傾向にある。

 逃げが身上なだけに成績にムラはあるが、ハマれば勝ち負け、悪くても馬券圏内にしっかり入ってきている。マイペースで逃げられれば、このメンバーならそのまま直線で粘りきることも十分考えられる。1800m戦は上記のラジオNIKKEI賞で経験しており、東京コースでも2000m戦を2勝している。コース適性もあると見て、敢えて本命視した。


「○」は同じく穴馬で7番のトーセングランとする。

 前走は新潟大賞典。中団で競馬を進めていたが、時計勝負になったこともあり、あっさり脱落して11着と大敗。

 この馬も◎ノースブリッジほどではないが、前で競馬をした方が良績が残っている。前走はそういう意味でいい位置につけてはいたが、休み明けで+12kgと太め残りが影響したのは明らか。叩き2戦目のここは絞れると考えられる。

 勝ち味に遅く、2着3着が多い馬ではあるが裏を返せばそれだけ安定した走りができるということ。東京コースは6戦して未勝利ではあるが、複勝率100%と相性はいいだろう。時計勝負に向いていないのは戦績を見ても明らかなので、◎がいいペースで逃げて直線で粘り込みを決めれば、そのおこぼれに預かる可能性は十分ある。

JRA【エプソムC(G3)予想】横山典弘×ジャスティンカフェ「不安だらけ」の危険な人気馬! とっておきの穴馬で荒れる重賞を制す!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合