NEW

JRA【函館スプリントS(G3)予想】昨年王者ビアンフェは余裕の切り! ナムラクレアは仕方なしも、意外な人気薄を狙って好配当にありつく

JRA【函館スプリントS(G3)予想】昨年王者ビアンフェは余裕の切り! ナムラクレアは仕方なしも、意外な人気薄を狙って好配当にありつくの画像1

 今回は夏の北海道シリーズ開幕ということで、函館開幕週を飾るスプリント重賞・函館スプリントS(G3)を予想していく。

 例によって過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていきたい。
高松宮記念、京王杯SC 各4頭
桜花賞、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、オーシャンS、鞍馬S(OP)、韋駄天S(OP) 各2頭
オークス、阪急杯、葵S 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 3頭
条件特別(3勝クラス) 3頭
となっている。スプリント重賞だけあって、高松宮記念(G1)や京王杯SC(G2)などを使ってきた馬がここに臨む例が多い。オークス(G1)から転戦してきた1頭以外はすべてマイル以下の短距離戦ばかり。重賞だけでなくオープン特別や条件特別からの参戦も多く、臨戦過程が多彩なのでローテーションの判断は緩めがいいかもしれない。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 1-2-2-5
2番人気 1-2-0-7
3番人気 2-0-2-6
4~6番人気 4-3-2-21
7~9番人気 1-0-2-25
10番人気以下 1-3-2-47
となっている。上位人気の成績がアテにならない印象だが、近5年で見ると1番人気は17年を除いて4年連続で馬券になっているほか、3番人気も3回馬券になっているので数字ほど不安定ではないようだ。こちらも中穴クラスの馬が軸になりそうだが、注目したいのは10番人気が過去5年で2回2着に入っていること。人気薄でも実績を吟味する必要がありそうだ。

JRA【函館スプリントS(G3)予想】昨年王者ビアンフェは余裕の切り! ナムラクレアは仕方なしも、意外な人気薄を狙って好配当にありつくの画像2
ナムラクレア

 これを踏まえて「◎」は人気の軸になりそうだが7番ナムラクレアとする。

 前走は桜花賞(G1)。4番手からの競馬で直線もよく伸びたが、着差わずか0.1秒ながら3着に終わった。

 本レースは3歳馬も出走してくるが、意外に3歳馬が健闘している。ということも含め、クラシックで3着の実績があり、かつ最も負けたのも2歳G1の5着。堅実さと重賞ウィナーであるということも勘案して得意のスプリント戦なら上位と言えよう。陣営もこの部分は強調しており、秋に向けての期待を込めたコメントを出している。

 加えてこれだけの実績があるにもかかわらず、裸同然の50kgで出られるのも大きい。鞍上は軽量騎乗が厳しいと発言しているが、そこを敢えて50kgで乗ると決めたのは勝ち目があってのことと推察される。

 比較的前残りしやすいレースだが、先行して押し切る競馬も好位から鋭い差し脚を決める競馬もできる器用さがあり、人気していてもここは押さえる選択肢しかなかろう。


「○」は思いのほか人気がない4番キルロードとする。

 前走は高松宮記念で、馬場の悪い中3番手からよく粘って3着を確保した。

 この前走は18頭立ての17番人気と超人気薄で激走しており、加えて馬場が悪かったこともあって、完全にフロック視されている。そのため、意外に人気になっていないのだと思われる。

 馬齢的にも7歳と伸び代があるわけではないのだが、一昨年冬から3連勝を飾ってオープン入りを果たし、リステッド・重賞を凡走してからの前走だったので、いろいろ歯車が噛み合えば大舞台でもやれるところを見せた感じか。

 キャリア25戦の中で、一度競走中止になってはいるものの6勝2着6回ということで、連対率概ね5割というデータは見過ごせないだろう。また、近走はそれほどでもないが、本来は実力をそれなりに評価されており、人気になることも多かった馬だ。

 陣営が言うようにトラックバイアスを上手く使ったにせよ、G1で3着まで入るのは容易ではなく、相応に実力あってのものと見ている。こういう場合の勢いも軽視すると痛い目に遭うものである。馬券妙味もあり重い印を打った。

JRA【函館スプリントS(G3)予想】昨年王者ビアンフェは余裕の切り! ナムラクレアは仕方なしも、意外な人気薄を狙って好配当にありつくのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合