NEW

パチスロ実戦「朝一から大ハマり&天井到達」でボロ負け寸前!? 起死回生の「全役リセット」で逆転なるか!?

【この記事のキーワード】,

パチスロ実戦「朝一から大ハマり&天井到達」でボロ負け寸前!? 起死回生の「全役リセット」で逆転なるか!?の画像1

 ひろ吉のパチスロ「実戦」紹介。今回は、世界的人気ゲームとのタイアップ機『デビル メイ クライ 5』(アデリオン)について書いていきたい。

 本機は純増約3.5枚、差枚数管理タイプのATで出玉を伸ばしていくタイプ。通常時は、Vベルやレア役から発生する「エンカウントバトル」でデビルハンターレベル(=撃破率)を上げ、周期区間100G+α消化で突入となる「デビルバトル」からATを目指す。

「デビルバトル」は撃破率によって勝利抽選を行い、最大7体のボスを倒すことでAT当選濃厚となる。1体倒すごとにAT当選のチャンスがあり、非当選の場合でも、撃破率を引き継いだ状態で次の「デビルバトル」に移行する。

 AT「デビルラッシュ」突入時は、まず特化ゾーン「スペシャルデビルタイム(以下、SDT)」からスタート。この間はトリプルコンボトリガーのSTとなり、残り0Gになった後の「DANGER」で対応キャラが離脱するピンチとなる。対応役が成立するたびにATの差枚数上乗せ&成立役のSTG数がリセットされ3人のキャラが全て離脱、もしくは上乗せ枚数200枚到達で終了となる。

 上乗せ枚数200枚到達時は「DMCボーナス」に突入。消化中は「SDT」のストック抽選を行っており、突入時が青7揃いなら約30%、赤7揃いなら約70%でストックに期待ができる。いかに「SDT」と「DMCボーナス」をループさせられるかが出玉の鍵となっている。

 ここまでスペックについて説明してきたので、そろそろ本題の実戦内容を紹介していきたい。

朝一からの大ハマり…取り返すことはできるか!?

 朝一は、1周期目で撃破率を68%まで上げることに成功。しかし、「デビルバトル」では1体しか倒すことができずAT当選とはならなかった。続く2周期目では撃破率75%に到達するが、ここでは1体すら撃破することができず…。その後は撃破率をあまり上げることができなかったが、1周期ごとにボスを1体ずつ倒していき、8周期目、921Gでようやく7体目を撃破して初のATをゲットした。

 いきなり大ハマりをくらってしまい、なんとか取り返したいと思っていたが、SDTはVベル7G、ダンテ目6G、リプレイ5Gと振り分けはイマイチ。消化していくと、序盤はVベルを連発したが、すぐに残りがVベルだけになってしまい、110枚の上乗せで終了となってしまった。

 残り210枚でスタートしたデビルラッシュでは特に何も起こせずに、約250枚を獲得して終了。朝からかなりまずい展開だ。

 気を取り直して通常時を消化していくと、4周期でボスを2体しか倒せない厳しい状況となる。ただ、5周期目のデビルバトルで3体目を倒し、その報酬でATを獲得でき、2連続の大ハマりは回避することができた。

 今回のSDTは、Vベル6G、ダンテ目6G、リプレイ9Gと先ほどよりは期待できそうな展開。そう思って消化していくが、ダンテ目以外は一度も引けず、70枚の上乗せで終了。170枚でスタートした「デビルラッシュ」では、強チェリーや弱チャンス目を引いて「クレイジーポイント」を250まで溜めるが、SDTには当選せずに約200枚で終了となってしまう。

 かなりキツい展開だったが「もう少し何か起こしたい」と思い続行を決意。しかし、そのままノンストップで周期天井(通常時8周期到達で、デビルバトル終了後にAT当選)に到達してしまう。

パチスロ実戦「朝一から大ハマり&天井到達」でボロ負け寸前!? 起死回生の「全役リセット」で逆転なるか!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合