NEW

【パチスロ攻略情報】差枚で“終日万枚オーバー”の爆裂性能! ボーナス連がアツい新台6.5号機の設定推測ポイント

【この記事のキーワード】,

【パチスロ攻略情報】差枚で終日万枚オーバーの爆裂性能! ボーナス連がアツい新台6.5号機の設定推測ポイントの画像1

 いよいよパチスロは新時代に到来したのか。そんな明るい未来を予感させる事象が発生した。なんと、6月6日より全国導入を開始したヤーマの6.5号機『シリウス』が、差枚で「万枚」を達成したのである。

展開次第では一撃で2,400枚オーバーも!?

 本機はビッグとREG、2種類の疑似ボーナスを出玉増加の武器とし、それぞれ約313枚、約103枚の獲得が可能。ボーナス当選後は全設定共通約33.3%でシリウスA・シリウスBと2種類ある「シリウスモード」への移行抽選が行われ、首尾よく移行すれば高確率でボーナス当選&83%以上で同モードがループする。

 同モード移行時の期待枚数は平均1,060枚。もちろん、ヒキ次第ではそれ以上の出玉も十分に可能で、2,400枚の上限定義を「差枚数」へと切り替えた6.5号機だけに、それまでの展開次第では一撃で2,400枚オーバーも狙える。

初当り確率やモードの振り分け割合に設定差

 そんな本機の初当り確率は3種類あるモードで管理され、通常A滞在時は「設定1:315.6分の1~設定6:267.2分の1」、通常B滞在時は「設定1:486.4分の1~設定6:468.9分の1」、引き戻し滞在時は全設定共通約99.9分の1。

 通常モードの振り分け割合は通常Aが「設定1:約69.8%~設定6:約89.0%」、通常Bが「設定1:約20.0%~設定6:約0.8%」、引き戻しが全設定共通約10.2%…と、高設定、とりわけ設定6は通常Aが選ばれやすいので、必然的に初当り確率も高まる仕組みだ。

 一方、シリウスモード中の大当り確率もシリウスAとシリウスBで変化し、シリウスA滞在時は約69.8分の1、シリウスB滞在時は約32.9分の1。シリウスモードの振り分け割合はシリウスAが約16.9%、シリウスBが約83.1%で、基本的にはシリウスBが選ばれやすい。

 冒頭で述べた万枚データは、大きくハマらず急上昇を続けていたことから高設定の可能性大。現時点では初当り確率を設定推測要素のメインとしつつ、設定1:10.0%~設定6:20.0%と設定に準じてアップするボーナス終了時のリールバックランプ消灯割合もサブ要素として活用しよう。

 なお、天井は通常A・通常B・引き戻しが777G+αで、シリウスA・シリウスBが200G+α。ボーナス終了後に毎回200Gまで打ち続けるか否かは難しいところだが、基本的にシリウスモードは2連単位で連チャンするといった本機の特徴を考慮すると、初当り後の連チャンが奇数回数の場合は様子を見るべきか。

(文=編集部.)

【注目記事】
甘デジ「高ループ×半分1000発」マシン&「期待度約4.6倍」の激熱フラグ搭載機が間もなくデビュー!! 
【パチスロ攻略情報】お昼過ぎで4,000枚オーバーもある超高速ATマシン! 高設定は1巡目で「〇〇しやすい!?」
パチンコ新台「麗しの1G連×超高ループ」で大勝なるか…厳しい展開で極上のサプライズが!?

【パチスロ攻略情報】差枚で“終日万枚オーバー”の爆裂性能! ボーナス連がアツい新台6.5号機の設定推測ポイントのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合