NEW

JRA武豊×友道康夫厩舎×ハーツクライ産駒「2億円ホース」が待望の復帰戦! ワールドプレミア再現期待のレジェンド「史上2人目」快挙達成なるか

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊×友道康夫厩舎×ハーツクライ産駒「2億円ホース」が待望の復帰戦! ワールドプレミア再現期待のレジェンド「史上2人目」快挙達成なるかの画像1

 18日、函館競馬場の芝2000mを舞台に開催される奥尻特別(1勝クラス)で、フィデル(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が3ヶ月ぶりの復帰戦を迎える。

 同馬は2020年のセレクトセール1歳セッションにおいて、複合アミューズメント施設『ラウンドワン』でもおなじみの杉野公彦オーナーが2億900万円(税込)で落札した期待の1頭。

 今年の日本ダービー(G1)を勝ったドウデュースと同じハーツクライ産駒は、半姉に16年のブリーダーズCジュベナイルフィリーズ(米G1)を制したシャンパンルームがいる良血馬だ。

 昨年7月のデビュー戦を単勝1.1倍の圧倒的人気に応えて勝利したが、その後は京都2歳S(G3)3着、ホープフルS(G1)4着と健闘するものの勝ちきれないレースが続くことに。

 皐月賞(G1)の切符を懸けて挑んだ若葉S(L)で3着に敗れると、春を断念して休養に入った。なお、主戦の川田将雅騎手は「苦しい走りで手応えに余裕がなかった。良い頃の走りがなかなかできない」とのコメントを残している。

武豊×友道康夫厩舎×ハーツクライ産駒「2億円ホース」が待望の復帰戦!

 今回はそれ以来の実戦になるが、実績的にも1勝クラスで力上位なのは明らかだろう。『netkeiba.com』の予想オッズでも抜けた1番人気に推されているだけに、ひと回り逞しくなった姿が見られることに期待したい。

JRA武豊×友道康夫厩舎×ハーツクライ産駒「2億円ホース」が待望の復帰戦! ワールドプレミア再現期待のレジェンド「史上2人目」快挙達成なるかの画像2
武豊騎手

 なお、鞍上は新コンビの武豊騎手が予定されている。

 先月末にドウデュースとのコンビで前人未到の日本ダービー6勝目を飾った同ジョッキー。この夏は、ひとまず函館に拠点を構えて戦いに挑むようだ。

 ちなみに函館の町については「父(邦彦さん)のふるさとですし、親戚も多い。子供の頃からよく来ていますし、好きな町ですよ」と語っている。

 そんなレジェンドとフィデルの新タッグは、奇しくもドウデュースと全く同じ「武豊×友道厩舎×ハーツクライ産駒」という組み合わせでもある。

 そのドウデュースが秋に凱旋門賞(仏G1)への参戦を予定しているため、今後の活躍次第によっては本馬が菊花賞(G1)路線でのパートナーになる可能性も十分あるだろう。

JRA武豊×友道康夫厩舎×ハーツクライ産駒「2億円ホース」が待望の復帰戦! ワールドプレミア再現期待のレジェンド「史上2人目」快挙達成なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合