NEW

ノーマルパチンコ機で「連チャン攻略法」発覚…その内容を推進するホールも出現!?

【この記事のキーワード】,

ノーマルパチンコ機で「連チャン攻略法」発覚…その内容を推進するホールも出現!?の画像1

ノーマルパチンコ機なのに「連チャン攻略法」発覚!? 

 1994年頃のパチンコは、CR機もありましたがノーマル現金機が徐々に増えていた時期でした。『フィーバールーセントDⅠ』(大同)や『フルーツマシーン2A』(ニューギン)など、単純ながらどこかアイデアのあるゲーム性は支持されていたのです。

 ノーマル機が増えた理由は、連チャンに関する不正が行われた「ダービー物語事件」以降の自主規制で、業界は流通の段階から不正排除に乗り出していました。とはいえ、中にはファミコンでいうところの「裏ワザ」みたいに連チャンしてしまう攻略法が発見されました。

 そのノーマル現金機が『黄門ちゃま』(平和)です。

 出玉は約2,400発の獲得が可能。リーチはノーマルパターンとコマ送りパターンの2種類でした。どちらもリーチ後で右絵柄の3周目で大当りするチャンスがありました。大当り中は、黄門ちゃまの一連のストーリーが流れました。

 導入当初は何の疑いもないノーマル機として登場し、私の近隣パチンコ店でもCR機との対極にあった現金機として設置していました。

保留ランプ4個に連チャンの可能性が

 そして肝心の連チャンシステムです。この機種は単純に、画面に「エラー中」を出すことで連チャン可能となっていました。大当り中は普通に消化させますが、払い出された下皿の玉を抜かずに打ち続けます。

 やがて画面に「エラー中」と表示されてから、ようやく玉を抜くことで、保留ランプ4個に連チャンの可能性がありました。必ず連チャンするとは限らず、また連チャン率は不明です。

「エラー中」画面を出せるのはもうひとつありました。それは「Vセンサーエラー」です。大当りを15ラウンドまで普通に消化して、最終16ラウンドはフルオープンします。約30秒で閉まると「エラー中」画面が現れ、アタッカーのVゾーンに玉を入れてエラーを解除できます。成功すれば連チャンしました。

ノーマルパチンコ機で「連チャン攻略法」発覚…その内容を推進するホールも出現!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合