NEW

パチンコ 手軽な確率ながら「RUSH1回あたり約820発」! あぶない出玉性能は刺激的!!

【この記事のキーワード】,
パチンコ 手軽な確率ながら「RUSH1回あたり約820発」! あぶない出玉性能は刺激的!!の画像1
手軽な確率ながら「RUSH1回あたり約820発」『Pあぶない刑事 129ver.』

不正に金銭を手に入れる不届き者

 給付金詐欺界隈が賑やかである。新型コロナウイルスによる経済的な対策として行われている「持続化給付金」で約10億円もの金を騙し取ったとしてある一家が逮捕され、こともあろうか東京国税職員らによって2億円の被害をだした事件も明るみに出た。

 主犯格の男はいずれもインドネシアやドバイなどに逃げていたという。このような大掛かりな逃走劇をもたらした事件も久しい。「逃走劇」といえば思い出すのは福田和子による「松山ホステス殺人事件」だろう。

 15年にもおよぶ逃走生活と時効寸前の劇的な逮捕。当時のワイドショーを大いに賑わせたものである。とくに電話による肉声はテレビで何度もこすられ、そのなかに登場した印象的なセリフ「あぶない、あぶない」はちょっとした流行語にもなった。

パチンコ台として登場した「あぶない」タイトル

Pあぶない刑事 129ver.』は、同タイトルで導入された小当りRUSHマシンの甘デジバージョンである。継続率80%のループ確変は必ず小当りRUSHに突入する仕組みで出玉性能の高さが魅力になっている。

 その小当り機能付き確変モード「あぶない刑事RUSH」は1/1.17という高確率で小当りが発生。アタッカー賞球が10個と多く、RUSH1回あたりの平均獲得出玉は約820発にもおよぶ。

 ただ、右打ち中の大当りはすべて2ラウンド約120発と抑えられているので、小当りRUSHによる増加分が出玉のメインとなる。確変中の大当り確率は1/40.0となっているので適度にハマリが期待できる。

 また、小当りRUSH中はゲーム性の異なる4つの演出を選択できるようになっているが、どの演出でもスピーディーで高揚感あふれる小当りRUSHを堪能できるように工夫されている。

 この小当りRUSHを体感するには初当り後のほとんどで移行する70回転の時短「YOKOHAMAモード」で大当りを獲得しなければならない。いわゆる突破型のゲーム性である。70回転での引き戻し率は約41.8%となっている。

 ちなみに、ミドルタイプでは小当りRUSHとなる右打ち中の通常大当りでも時短が付与されたが、この甘デジバージョンでは小当りRUSH終了後はすぐに通常モードに戻るので注意しよう。

 ただ、通常確率で350回転消化すると発動する遊タイムが搭載されている。遊タイム時は490回の電サポモード(YOKOMAHAモード)に突入し、97%以上の確率で大当りが発生。RUSH突入に大きな期待を持てるようになっている。

 とびっきりの出玉と爽快感を味わえる小当りRUSHが突破型に変化し遊びやすい確率で楽しめるようになった『Pあぶない刑事 129ver.』。あぶない出玉性能で勝利を捕獲せよ!

(文=大森町男)
<著者プロフィール>
 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
パチスロ実戦「朝一から大ハマり&天井到達」でボロ負け寸前!? 起死回生の「全役リセット」で逆転なるか!?
パチンコ「確率1/499」時代に生まれた傑作!「ALL1900発×高ループ」を超える後継機の誕生に期待!!
パチンコ「一撃10万8000発」や激アツ出玉の連打も話題…ヒットメーカー大物シリーズに注目!?

パチンコ 手軽な確率ながら「RUSH1回あたり約820発」! あぶない出玉性能は刺激的!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合