NEW

パチンコ女性演者の”異常人気”に大崎一万発氏が言及… 「仕事量で捲られている」と告白も「それは延々繰り返されてきたこと」

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ女性演者の異常人気に大崎一万発氏が言及… 「仕事量で捲られている」と告白も「それは延々繰り返されてきたこと」の画像1

 パチンコ・パチスロを盛り上げたい、もっと面白さを知ってもらいたい…と活動する女性演者が、最近は「露出多めの演者」が多く、そういった演者に仕事の場を奪われていることが「悲しい」とSNS上でツイート。それが業界内で話題となり、元パチンコ攻略マガジンのジャイロ氏が同じくSNS上で私見を述べたことは当サイトでも報じた通りだ。

女性演者の方が「仕事が多かったりする」のが現状

 ジャイロ氏は男性ライターの冷遇や自身の経験を暴露すると共に、女性演者に仕事が舞い込むのは「女性だから」と断言。こちらもあまりにストレートな内容でSNS上を盛り上げたが、この内容には業界の大御所・大崎一万発も納得のようだ。

 大崎氏が主宰するYouTubeチャンネル「まんぱつ」内の動画によると、大崎氏自身も「最近の仕事量は(女性演者に)完全に捲られている」とのこと。キャリアや認知度は「もう関係がない」そうで、そもそも勝ち方よりもエンターテイメントとしての楽しみ方を提唱する大崎氏は「パチンコ屋さんからニーズがない」と分析したが、それを差し引いても、2ヶ月前にコンパニオン事務所から派遣された女性演者の方が「仕事が多かったりする」のが現状だという。

”ポジティブの奪い合い”は今に始まったことではない

 パチンコユーザーの大半は男性。それ故、「女性が綺麗なお洋服や露出多めで活動していたら、そっちの方に目が行くのは分かる」とし、「僕がお客さんでもそう」と続けたが、大崎曰く、こういった事象は「実は延々繰り返されてきたこと」なのだそうだ。

 最初は攻略誌での誌上プロの台頭。誌面で勝ち方を唱えたことでプロたちから「上手い人が出てきたら損じゃないか」と疎まれたそうで、顔出しするプロたちに対して反発が生まれたという。

 この誌上プロが増えると、続いてはパチンコ・パチスロに詳しいライターが登場。誌上プロからすれば「お前、プロじゃないじゃん」「専門家かもしれないけど、演出とかに詳しいだけじゃん」との認識で、そこで「また新しい軋轢が生まれた」のだそうだ。

 その後、媒体が誌面から動画に切り替わればライターが演者に対して、動画が主流になれば女性演者に対して男性演者が苦言。このように、時代の流れと共に「ずっと同じ構図で繰り返されてきた」そうで、大崎氏は自分の立ち位置を「最初から捨てられるというか、『旧』の方に押し込められてきた」と振り返った。

「このままでは自分のポジションがなくなる」。危機感を抱いた大崎氏は、「新しい所で自分の存在価値をどう発揮するか」を常々考えながら活動。「なんとか乗っかって乗っかって」現在に至るそうだが、それでも結局、「女の子のパワーにはかなわない」とつくづく感じているそうだ。

 一方、「この先も一転二転、いろいろなことがあると思う」としつつ、「それに対していちいち『私は違う』『こうじゃない』といってもしょうがない」とコメント。「パチンコ人口を増やす」「無理せず楽しむ人を増やす」ことが大崎氏らインフルエンサーの最終着地点とし、「そんなことを考える暇があったら、自分のやりたいこと、やろうと思っていることを実現するように頑張ってほしい」と話をまとめた。

(文=編集部.)

【注目記事】
パチスロ実戦「勝利=上乗せ特化」激レアCZ出現で大量上乗せとなるか!?
パチンコ「一撃99連・99999発」のカンスト報告もある超速マシン、連撃継続率「約97%」の爆走スペックをリリース!【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】
パチスロ「すべては己のヒキ次第」設定不問の爆発力を誇る爽快ATマシン!

パチンコ女性演者の”異常人気”に大崎一万発氏が言及… 「仕事量で捲られている」と告白も「それは延々繰り返されてきたこと」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合