NEW

パチンコ「100%ST×右半分16R」の神台ライトミドル! 規制時代に再注目された歴史的マシン!?

パチンコ「100%ST×右半分16R」の神台ライトミドル! 規制時代に再注目された歴史的マシン!?の画像1

パチンコ化された名作アニメ

 アニメ好きには名作として知られているが一般的なパチンコファンにはピンとこない。そんな版権の機種はわりと多く存在する。『コードギアス 反逆のルルーシュ』もそんなコンテンツの一つといった印象である。

 パチンコの『コードギアス』といえばビスティ。P機版でもミドル・ライトミドル・甘デジと3タイプを発売し、高速高ループマシンとしてファンから広く指示されている。ただ、最初にパチンコへ呼び込んだのは京楽産業.である。それが『CRぱちんこコードギアス 反逆のルルーシュ』。

 本機は大当り確率が1/198.6のライトミドルタイプ、ワンスペックだけで登場した。そこには高い完成度に裏打ちされた絶対の自信があったのだろう。実際、「神台」として賛辞を惜しまないファンも相当数存在する。

 スペックタイプはSTで確変突入率は100%。STは74回転継続、その継続率は約70%に達する。さらに右打ち中は大当りの半分が最大出玉となる16ラウンド1660発となり、出玉感も抜群。通常時からも25%を超える高い割合で16ラウンドを獲得できる(8個保留)のも優れた点。

 このように、ライトミドルとしては突出したスペック性能を誇る。ボーダーも状況によっては17、18回/1000円ほどと、「甘い」機種になっているのである。

人気を博した京楽製ライトミドル機

 当時の京楽製ライトミドルタイプといえば、『CRぱちんこ必殺仕事人 お祭りわっしょい』も相当に出来の良い機種であった。大当り確率が1/198.6でST100%突入の74回と基本はほとんど同じだが、『仕事人お祭りわっしょい』の場合は右打ち中の出玉感に特徴があり、ST時は50%で約2000発が取れるようになっていた。

 その分、継続率が約65%に抑えられている。継続率の差はわずか5%と見た目ではそれほど影響があるようには思えないかもしれないが、確変65%規制を経験してきたパチンコファン諸兄なら理解してもらえるだろう。65%は体感連チャン率がすこぶる低いのである。

 必ず次が当るループ確変マシンでさえそう感じるのである。STならなおさら継続率に難があるという印象を受けるであろう。ループ性と出玉感のバランスを調整しての『CRぱちんこコードギアス 反逆のルルーシュ』となる。

 ちなみに、本機は2013年12月に導入されたのだが、奇しくもその確変65%規制によってまだ残存していたこの『CRぱちんこコードギアス 反逆のルルーシュ』が再び脚光を浴びるような流れも。CR機の歴史において、重要な役割を果たしたマシンと言えるだろう。

(文=大森町男)
<著者プロフィール>
 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
パチンコ「ハマリ→単発」の鬼サイクル…不調を脱する逆転劇が始まる!?
パチンコ新台「スピード系マシンの先駆け機」が金色として降臨!! 【たなみの新台の良いところ見っけ隊】
ボーナス「超連打」が生み出すパチスロ「6.5号機」ならではの出玉感! 話題の大型タイアップ機にファン大注目

パチンコ「100%ST×右半分16R」の神台ライトミドル! 規制時代に再注目された歴史的マシン!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合