NEW

JRA【ユニコーンS(G3)予想】武豊ジュタロウは文句なしの消し! 好配当呼び込む「穴馬」は出世が見込める実力馬

JRA【ユニコーンS(G3)予想】武豊ジュタロウは文句なしの消し! 好配当呼び込む「穴馬」は出世が見込める実力馬の画像1

 今回は数少ない3歳限定のダート重賞、ユニコーンS(G3)を予想していく。

 先週だが、まずエプソムC(G3)は◎を打ったノースブリッジが見事1着で、3着にも印を打ったダーリントンホールが来てくれたまでは良かったが、2着が想定外のガロアクリーク。ローテーション的にはアリだったが、さすがに負けが込みすぎていて手を出せなかった。2走前の中山記念(G2)4着をもっと重く見るべきだったか。

 一方、函館スプリントS(G3)も◎ナムラクレア、△ジュビリーヘッドのワンツーまでは良かったが、3着がまさかのタイセイアベニール。ローテーションで切ったのだが、改めて見直せばそう悪くない成績。こちらも安易に切ってしまうのは御法度ということか。

 さて、予想に戻ろう。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見てみる。
青竜S(OP) 8頭
条件戦(1勝クラス) 6頭
兵庫チャンピオンS、伏竜S(OP)、端午S(OP)、鳳雛S(OP) 各3頭
NHKマイルC、昇竜S(OP)、ヒヤシンスS(L)、三浦特別(2勝クラス)、海外遠征 各1頭
となっている。NHKマイルC(G1)からの転戦が例外中の例外で、この1頭を除くすべてが前走もダート戦を走っている。3歳で走れるダート重賞がここまでないので、交流重賞の兵庫チャンピオンS(G2)を除くと多くはオープン特別からの転戦となる。

 続いて人気順の成績を見ていこう。
1番人気 3-2-0-5
2番人気 3-2-0-5
3番人気 3-2-4-1
4~6番人気 0-2-1-27
7~9番人気 1-1-4-24
10番人気以下 0-1-2-63
となっている。1番人気と2番人気は同数同率でぼちぼちといったところ。3番人気の複勝率が9割と非常に高いので、軸を買うならここか。例年上位人気3頭のいずれかが必ず馬券に絡んでおり、基本はヒモ荒れする傾向。昨年は7番人気、14番人気のワンツーで79万馬券が出ているが、それでも3着は3番人気だったので、穴馬オンリーの組み合わせはリスキーだろう。


 これを踏まえて人気の一角ではあるが「◎」は1番ハセドンとする。

 前走は青竜S。スタートで出遅れ、最後方からの競馬を進めたが、直線大外から上がり最速の脚を使ってまとめて差し切り勝利した。

 昨年秋にダノンベルーガと同じレースでデビューし、6着とあっさり敗退。そこで芝にこだわらずダートに転向すると未勝利、1勝クラス、そして前走と3連勝でここに臨んできている。この臨戦過程は高く評価でき、稍重で脚抜きが良かったとは言え、前走の走破時計もなかなかのもの。

 重賞経験がないものの、そもそも3歳限定で組まれたダート重賞はここが初で、交流重賞を使っていなかっただけの話。大きなビハインドにはならないだろう。連勝の勢いで一気に重賞制覇まで見える。


「○」はちょっと穴っぽいところで11番ヴァルツァーシャルを推す。

 こちらも前走は青竜Sで、後方待機からの直線でよく伸びては来たのだが、4着に終わった。

 新馬戦を勝ち上がって1勝クラス脱出に3戦を要したものの、3着2回からの勝利と悪い内容ではない。そこからの前走だったが4着とは言え、上がり2番目の脚を使っており、着差もわずか0.2秒。十分好走したと言えよう。

 今後のキャリアを考えると、東京コースしか走っていないのはマイナスに作用するかもしれないが、少なくともこのレースに限っていえばプラス。前走の負けで評価が下がっているのだろうが、見限るには惜しい。

JRA【ユニコーンS(G3)予想】武豊ジュタロウは文句なしの消し! 好配当呼び込む「穴馬」は出世が見込める実力馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合