NEW

JRA【マーメイドS(G3)予想】ソフトフルート×川田将雅は用なし! 1番人気7連敗中、波乱のレースにふさわしい穴馬ピックアップ!

JRA【マーメイドS(G3)予想】ソフトフルート×川田将雅は用なし! 上位人気馬がことごとく飛ぶ、波乱のレースにふさわしい穴馬ピックアップ!の画像1

 今回は例年大荒れする牝馬重賞・マーメイドS(G3)を予想していく。

 例によって過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
パールS(3勝クラス) 8頭
福島牝馬S 3頭
ヴィクトリアマイル、阪神牝馬S、大阪城S(L、OP)、御室特別(2勝クラス) 各2頭
中山牝馬S 1頭
条件特別(3勝クラス) 4頭
条件特別(2勝クラス) 3頭
オープン特別 3頭
となっている。G3格付けであることと春シーズン終わりで強力なメンバーが揃わないのか、条件戦を使われてここに臨む馬が半数以上。ローテーションとは直接関係ないが、これに加えてハンデ戦という条件があるので、各馬の比較が非常に難しい。重賞を走ってきた馬に一日の長がありそうだが、過去10年で前走重賞組は1勝もしていない。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 2-1-1-6
2番人気 0-2-1-7
3番人気 1-0-1-8
4~6番人気 1-1-5-23
7~9番人気 4-3-0-23
10番人気以下 2-3-2-50
となっている。上位人気が総じてアテにできない。これを裏付けるように近5年に絞ってみても、2番人気と3番人気が2頭ずつ馬券になっているが、あとはすべて人気薄。1番人気にいたっては15年を最後に、一度も馬券に絡んでいないので、数字で分かる通り穴馬を吟味して狙い撃ちするのが正解のようだ。


「◎」はいきなり穴馬だが4番ステイブルアスクとする。

 前走はシドニーT(3勝クラス)。出遅れて後方2番手からの競馬となり、直線で上がり最速の脚を使ってきたものの届かず5着までだった。

 この馬は矢作芳人厩舎の馬ということもあって、デビュー戦から主戦を古川奈穂騎手が務めていたが、なかなか結果が出せずまだ3勝クラスを突破していない条件馬なので、ここは格上挑戦ということになる。

 しかし、所属ジョッキーを使ってきた流れで、ここで敢えてテン乗りの藤岡康太騎手に乗り替わらせるあたり、勝負気配を感じる。実際、ダート戦を主に使ってきたものの、ここ5戦は上がり最速の脚で上がってきているなど、歯車が噛み合えば実力は相応のものを持っているはず。

 陣営からもコメントが出ているが、藤岡康騎手は本来51kgでは乗らないそう。そこを敢えて騎乗に承諾したあたり、ジョッキーも勝ち目を見いだしていると見るのが自然だろう。先週の函館SS(G3)も50kgのナムラクレアが勝利しているが、これも本来この斤量では乗らない浜中俊騎手が乗ったということで、こういう流れは大事だ。

JRA【マーメイドS(G3)予想】ソフトフルート×川田将雅は用なし! 上位人気馬がことごとく飛ぶ、波乱のレースにふさわしい穴馬ピックアップ!の画像2
ルビーカサブランカ 撮影:Ruriko.I

「○」はそこそこ人気しそうだが、9番ルビーカサブランカを挙げたい。

 前走は福島牝馬S(G3)。出遅れて最後方からの競馬になり、直線も上がり最速で来ていたものの届かず5着となった。

 この馬は3歳になってからのデビューで、新馬戦を勝ち上がったものの1勝クラスを勝ち上がるのに10戦を要すなど、勝ち味に遅いのが災いしている。今年の冬に連勝で愛知杯(G3)を制し、20戦目にして重賞ウィナーになった。

 そこからの中山牝馬S(G3)、そして前走が案外な成績で終わっているが、2戦とも出遅れていることや戦績を見る限り1800m戦が多少短かった可能性がある。これは陣営も指摘している点で、1ハロン延びる今回は出番があってもおかしくない。斤量は1kgもらっているが、55kgは克服済みだけにカンカン泣きの心配はないだろう。実績からも押さえたい。

JRA【マーメイドS(G3)予想】ソフトフルート×川田将雅は用なし! 1番人気7連敗中、波乱のレースにふさわしい穴馬ピックアップ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声