NEW

JRA【宝塚記念(G1)展望】エフフォーリアVSタイトルホルダー再び!デアリングタクト復活なるか、覚醒のパンサラッサ、ディープボンドら伏兵陣も魅力十分

【この記事のキーワード】, ,
JRA【宝塚記念(G1)展望】エフフォーリアVSタイトルホルダー再び!デアリングタクト復活なるか、覚醒のパンサラッサ、ディープボンドら伏兵陣も魅力十分の画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 26日、阪神競馬場では春のグランプリ・宝塚記念(G1)が行われる。今年はファン投票でデッドヒートを演じた4歳牡馬の2頭が中心視される。横山武史騎手と横山和生騎手の兄弟対決としても注目される一戦を展望していこう。

 弟の武史騎手が騎乗するのは昨年の年度代表馬、エフフォーリア(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)だ。

 デビューから手綱を取り続け、昨年末に有馬記念(G1)を制覇。皐月賞(G1)、天皇賞・秋(G1)に続く、G1・3勝目を挙げ、現役最強馬の地位を確固たるものにした。

 ところが、今年初戦の大阪杯(G1)で単勝1.5倍の圧倒的1番人気に支持されるも、まさかの9着。「初めてとなる関西圏への長距離輸送くらいしか不安はない」と言われたが、それが的中する形となった。

 レース後には発馬機内で顔面を強打していたことも判明。明確な敗因をつかめないまま中間はノーザンファーム天栄で調整され、今月2日に美浦に帰厩した。これまで坂路で1本、ウッドで3本、速いところをこなしており、時計的には合格点の数字を出しているが、横山武騎手のトーンは上がってこない。

 直前の1週前追い切りは美浦南Wで3頭併せを敢行。ランドオブリバティとウインカーネリアンという実績馬を相手に最先着を果たしたが……。

「気持ちがいい意味でも悪い意味でも大人になり過ぎている。いい時を知っているだけに、気持ちのメリハリが欲しい」と、横山武騎手は辛口ジャッジ。それでも陣営は「能力は一番という思いは変わらない」と、愛馬への信頼は揺るぎない。

 現役最強馬の地位を守るためにも、連敗だけは絶対に避けたいところ。2度目となる関西圏への輸送を無事クリアし、エフフォーリア本来の走りを取り戻すことはできるか。

JRA【宝塚記念(G1)展望】エフフォーリアVSタイトルホルダー再び!デアリングタクト復活なるか、覚醒のパンサラッサ、ディープボンドら伏兵陣も魅力十分の画像2
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 そのエフフォーリアをファン投票で上回り、堂々1位で選出されたのは兄・横山和騎手が騎乗するタイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎)だ。エフフォーリアとは同じ世代で、直接対決は過去3戦全敗と苦杯をなめている。

 今年に入ってからの勢いはエフフォーリアよりこちらが上だ。始動戦の日経賞(G2)こそクビ差の辛勝だったが、天皇賞・春(G1)は7馬身差をつける圧巻の逃げ切り勝ち。阪神ではG1を2勝しており、コース実績があるのも好材料といえるだろう。

 ただし、不安要素ももちろんある。

 5馬身差の“圧逃劇”を演じた昨年の菊花賞(G1)以降、唯一後塵を拝したのが有馬記念(G1)だった。この時はパンサラッサにハナを奪われ、エフフォーリアから0秒5差の5着に敗れている。戦歴を見ても、ハナを奪えるかどうかがポイントなのは間違いない。今回も“宿敵”パンサラッサがいるだけに、その作戦に注目が集まる。

 2200mの距離もタイトルホルダーには決してプラスとならないだろう。3000m以上のG1を2勝しているように、最大の武器は無尽蔵のスタミナ。菊花賞と天皇賞・春は道中に息を入れる展開に持ち込めたことも勝利につながった。この距離で道中息を入れる展開に持ち込めるか。

 注目の1週前追い切りは、滞在中の函館から駆け付けた横山和騎手を背に6ハロン80秒9の好タイムをマーク。ただし、僚馬をあえて交わしにいかない余力を残してのフィニッシュだった。

 それでも「何も不安はないですよ。出来に関しては前回よりも上向き」と、鞍上は自信をのぞかせている。結果次第で秋には凱旋門賞(G1)挑戦も見据えているだけに、無様な競馬はできない。

JRA【宝塚記念(G1)展望】エフフォーリアVSタイトルホルダー再び!デアリングタクト復活なるか、覚醒のパンサラッサ、ディープボンドら伏兵陣も魅力十分のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々