NEW

JRA松山弘平「斜行」であわや……宝塚記念(G1)デアリングタクト&帝王賞(G1)テーオーケインズ、春の総決算の主役ジョッキーに焦り?

【この記事のキーワード】, ,
JRA松山弘平「斜行」であわや……宝塚記念(G1)デアリングタクト&帝王賞(G1)テーオーケインズ、春の総決算の主役ジョッキーに焦り?の画像1
松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

 19日、阪神競馬場で行われた8R・3歳以上1勝クラスは、1番人気のママコチャが勝利。今春のヴィクトリアマイル(G1)で劇的な復活劇を見せたソダシの妹が、秋に向けて貴重な1勝を上積みした。

「追ってからもしっかり伸びましたし、強い内容だったと思います」

 レース後、そう勝ち馬を称賛したのは松山弘平騎手だ。ママコチャとのコンビはこれで2戦2勝となり、抜群の相性を誇っている。周囲の期待の大きい馬だけに、今後も要注目のコンビになりそうだ。

 そんな松山騎手だが、前日には本人も周囲もヒヤリとするシーンがあった。

らしからぬ「ラフプレー」で戒告処分に…

 

 18日に阪神競馬場で行われた垂水S(3勝クラス)で、1番人気のアールドヴィーヴル(牝4歳、栗東・今野貞一厩舎)に騎乗した松山騎手。事前に掲載された『中日スポーツ』のコラムでも「ここでは能力上位だと思いますし、スムーズに折り合いがつけば、勝ち負けになるはず」と力の入る一戦だった。

 好スタートを決めたアールドヴィーヴルは、ハナを主張したメイショウテンモンの直後につけることに成功。課題の折り合いも大きな問題を見せず、あとは存分に力を発揮するだけと思われた。

 しかし、迎えた阪神外回りコースの長い直線で、人馬に痛恨のアクシデントが待っていた。

 前を走るメイショウテンモンを交わそうと外につけたアールドヴィーヴルだったが、外にいたノースザワールドに手応え良く、前へ入られてしまう。さらに外に持ち出そうとしたものの、今度はムジカが馬体を併せに来たところで、左右と前を囲まれて完全に進路を失ってしまった。

 松山騎手としても、1番人気馬でこのまま何もできずに負けるわけにはいかなかったのだろう。残り200mを切ったところで、わずかに空いた最内へ強引に切り込むも、結果的にメイショウテンモンの進路をカットしてしまうことに……。

 結局、前を走るノースザワールドを交わせないばかりか、遅れて伸びてきたイズジョーノキセキにまとめて交わされて3着に終わってしまった。

JRA松山弘平「斜行」であわや……宝塚記念(G1)デアリングタクト&帝王賞(G1)テーオーケインズ、春の総決算の主役ジョッキーに焦り?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声