NEW

新機軸の「スーパーRT」のループが大量出玉を誘発… 老舗ブランドによる大型タイアップ機【パチスロ5号機回想】

【この記事のキーワード】,

新機軸の「スーパーRT」のループが大量出玉を誘発… 老舗ブランドによる大型タイアップ機【パチスロ5号機回想】の画像1

5号機初頭に登場したスーパーRT機

 ストック機能の全面禁止やビッグ獲得枚数の抑制など、新規則が定められた5号機時代当初。各メーカーは5号機ならではの特性を活かしつつ、如何にして出玉性能を高められるかと、まさしく試行錯誤していた。

 そんな状況下で、オリンピアはスーパーRTと称した新機軸のRT機能を開発。そのRT「バトルフィールド」を搭載したマシンの名は、2007年3月にデビューした『ランボー怒りのパチスロ』である。

 ハリウッド映画の超大作とのタイアップマシンである本機はビッグとREG、バトルフィールドと3種類の出玉トリガーを搭載。ビッグとREGは規定払い出し枚数を超えた時点で終了するオーソドックスなタイプで、前者は約275枚、後者は約104枚のコインを得られる。

バトルフィールドのループが大量出玉を誘発!

 一方、最大のウリであるバトルフィールドはBF絵柄揃いを契機とし、まずはボーナスパートがスタート。このボーナスパートは300枚を超える払い出し(平均195枚の獲得)で終了し、その後はRTパートへと移行する。

 このRTパートはゲーム数不定で、ボーナスor特定1枚役を引くまで継続。消化中はリプレイ確率の大幅アップに伴って1Gあたり約0.5枚の増加が見込め、チェリーの50%に次いで30~40%とボーナス重複期待度が高い特定1枚役成立時は「FINAL BATTLE」へ発展→勝利でボーナスが約束される。ちなみに、バトルフィールドの平均継続ゲーム数は41.0Gだ。

 各種出玉トリガーの当選率はビッグが設定1:862.3分の1~設定5&6:697.1分の1、REGは設定1:873.8分の1~設定6:541.6分の1、バトルフィールドが設定1:399.6分の~設定6:329.3分の1。バトルフィールドの当選率が最も高いことから、バトルフィールドのループが一気大量出玉のメインルートとなるわけだ。

 同社初の20インチ液晶画面で繰り広げられる演出では、ランボーをはじめとする映画でお馴染みのキャラが登場。通常時のステージは「ジャングルステージ」と「アフガンステージ」の2種類で、基本的には小役ナビやチャンス予告演出が発生→ミッション演出へ発展→成功でボーナス告知…の流れを辿る。

 最大4Gのミッション演出は各ステージ2種類、計4種類が用意されており、「MISSION3 捕虜を探し出せ」と「MISSION4 大佐を救出せよ」は大チャンス。「敵軍迎撃演出」は迫りくるヘリor戦車を撃破できればボーナス確定で、敗北時はステージチェンジが発生する。 
 
(文=編集部.)

【注目記事】
パチスロ「低設定濃厚」で4000枚…「意外な挙動」が魅力!?
甘デジ「超一撃・90.38%ループ」を発表!当りで必ず連チャンモードの人気シリーズも降臨!!
パチンコ新台「1G連×93%ループ」スペックへ激変! 人気タイトル最新作に意外な反応も!?

新機軸の「スーパーRT」のループが大量出玉を誘発… 老舗ブランドによる大型タイアップ機【パチスロ5号機回想】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合