NEW

JRA降板騎手の「心身とも」に痛過ぎた結末、自身は3戦全敗のいいところなし…乗り替わりの「神騎乗連発」に心中複雑!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA乗り替わった騎手の「神騎乗連発」に心中複雑!? 自身は3戦全敗のいいところなし…負傷した騎手の「心身とも」に痛過ぎた結末の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 一般的に「馬7騎手3」ともいわれている競馬の世界。

 誰が乗っても捕まっているだけで勝てたと評されるレースもあれば、他の騎手なら勝てなかったに違いないと絶賛されるレースもある。

 1番人気馬の連敗が話題に上がっている今春のG1レースにおいても、武豊騎手が史上最多となる6勝目を飾った日本ダービーをはじめ、勝ち馬に騎乗していた騎手の好騎乗が目立つレースも少なくなかった。

 混戦といわれるレースほど、ジョッキーの手腕が結果に影響を及ぼす比重が増し、時には3割どころか4割5割にも感じられることさえあるだろう。

JRA乗り替わった騎手の「神騎乗連発」に心中複雑!? 自身は3戦全敗のいいところなし…負傷した騎手の「心身とも」に痛過ぎた結末の画像2
酒井学騎手

 そういう意味では酒井学騎手にとって、3戦全敗に終わった先週末は心中複雑だったのではないだろうか。

降板騎手の「心身とも」に痛過ぎた結末

 土曜阪神で2鞍に騎乗し、それぞれ7着と9着に敗れていた酒井騎手だが、日曜阪神では5鞍に騎乗を予定していた。この中には乗り替わりで回ってきた馬もいれば、主戦を任されている期待馬も含まれており、勝ち負けを見込めそうなラインアップだった。

 しかし、思わぬアクシデントは突然に訪れた。この日初戦となった1Rの3歳未勝利戦を15番人気コイビトミサキに騎乗して14着に敗れた後に負傷。その後、騎乗予定だった残りの4鞍は他の騎手への乗り替わりが発表された。

 ツキに見放されたのか9Rの三木特別(2勝クラス)では、よりによって騎乗を予定していたロングランが10番人気で勝利。代打騎乗したのは荻野極騎手だった。

 酒井騎手の不運はこれだけで終わらない。

 続く10RのオークランドサラブレッドレーシングT(3勝クラス)でも酒井騎手が騎乗予定だった2番人気メイショウフンジンが、坂井瑠星騎手とのコンビで勝利。最後の直線で後続馬に一度は交わされながらも、差し返して突き放す強い勝ち方を披露し、こちらは同じ“サカイ” でも酒井ではなく坂井のオマケまでついてきた。

 騎乗の叶わなかった当人としても、乗り替わった騎手に勝たれたことは痛恨だったに違いない。

JRA降板騎手の「心身とも」に痛過ぎた結末、自身は3戦全敗のいいところなし…乗り替わりの「神騎乗連発」に心中複雑!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声