NEW

JRA宝塚記念(G1)名手D.レーン最後の大仕事!? サリオス復活に復調気配…悩める名門にヒシイグアスと最高の置き土産を残せるか

【この記事のキーワード】, , ,

JRA宝塚記念(G1)名手D.レーン最後の大仕事!? サリオス復活に復調気配…悩める名門にヒシイグアスと最高の置き土産を残せるかの画像1

 26日、阪神競馬場では春のグランプリ・宝塚記念(G1)が行われる。

 上半期の総決算となる大一番。その中で注目したいのが、短期免許で来日し、この日が期間内最後の騎乗となるD.レーン騎手だ。縁の深い堀師の期待馬であるヒシイグアス(牡6、美浦・堀宣行厩舎)と最後の大舞台でタッグを組む。

 先週のレーン騎手は3勝を挙げてJRA通算100勝を達成。インタビューでは「堀厩舎の馬で勝てたのも嬉しい」と語り、お世話になっている身元引受調教師の管理馬で節目の記録を達成できたことを何よりも喜んだ。

 JRAでは通算で430回騎乗して100勝。勝率23.3%をマークしている名手だが、その100勝のうち、実に26勝が堀厩舎の馬で挙げたもの。このタッグで勝率26.5%、複勝率は56.1%という凄まじい好成績を残している。

 しかし、今年に限ると4月30日からこれまでに113回騎乗して勝ち星は21。勝率18.6%と、例年よりもやや苦しんでいる印象を受ける。

 さらにその21勝のうち、堀厩舎の馬で挙げたのはわずか2勝だけの【2-5-6-9/22】という成績。複勝率は59.1%と高い数字を残しているものの、勝率は9.1%と勝ち切ることができていない。

 この背景にあるのが、堀厩舎そのものの不振だろう。

 2015年には年間54勝を挙げてリーディングトレーナーとなり、以降も2020年まではトップ5を維持し続けた東の名門だが、昨年はリーディング14位と、トップ5どころかトップ10からも脱落している。

 迎えた2022年は1月から5勝を挙げる好スタートを切り、2月にはダノンベルーガで共同通信杯(G3)を制覇。さらにはカフェファラオがフェブラリーS(G1)で連覇達成と、名門復活を印象付ける好スタートを切った。

悩める名門にヒシイグアスと最高の置き土産を残せるか

 ところが、その後は3月から5月にかけて3カ月連続で月間1勝止まり。再びトンネルの中に迷い込んでしまった。

 日本ダービー(G1)で期待されたダノンベルーガもまさかの4着敗戦。1年の折り返し地点を目前に控え、13勝はリーディング34位タイと低迷が続いている。

 そんな中、苦境の恩師を救うべく奮起したのがレーン騎手だった。

JRA宝塚記念(G1)名手D.レーン最後の大仕事!? サリオス復活に復調気配…悩める名門にヒシイグアスと最高の置き土産を残せるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声