NEW

JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?

【この記事のキーワード】, ,

JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?の画像1

 6月下旬に入り、東西金杯から始まった2022年の競馬も折り返し。年を重ねる度に月日の流れの早さに驚かされる毎日だが、7月から本格的に始まる夏競馬の前に上半期の総決算である宝塚記念(G1)の開催が控えている。

 トップクラスの馬が回避するケースも珍しくない春のグランプリだが、今年は例年に比べて豪華なメンバーが集まった。ハイレベルといわれる3歳世代の出走こそないが、タイトルホルダー、エフフォーリアなどG1馬5頭がスタンバイ。いずれ劣らぬ実力馬たちによるドリームレースは、見応え十分の好勝負が期待できそうだ。

 その一方、フルゲート濃厚な今年の宝塚記念で過酷なハナ争いを予感しているファンは少なくないはずだ。

 なぜならこれまでの5勝すべてを「逃げ」て手に入れているタイトルホルダーと「溜め逃げをしない」スタイルを確立させて本格化を遂げたパンサラッサの激突が避けられないからである。

 2頭はどちらも1コーナーから最終コーナーまで先頭で走ったときにこそ本領を発揮するタイプ。ハナを譲った時点でこの勝利の法則が成立しなくなるため、マイペースの逃げが勝利へのカギとなる。

 両馬の直接対決は昨年暮れの有馬記念(G1)でも実現している。このときはハナを奪ったパンサラッサは13着、2番手に控えたタイトルホルダーも直線で力尽きて5着に敗れている。両雄並び立たずとはまさにこのことかもしれない。

 そして、今回の宝塚記念でもおそらくパンサラッサがハナを奪う展開が予想される。行き切ることで活路を見いだすタイプのパンサラッサに対し、タイトルホルダーは道中で溜めを作る緩急自在型。鞍上の横山和生騎手も共倒れのリスクを覚悟してまで逃げにこだわることはしないだろう。

 ただ、2頭の隊列が比較的すんなり決まったとしても、前々で競馬をしたいステイフーリッシュやアフリカンゴールドなどもいるため、前半からかなりの消耗戦となる可能性が非常に高い。

 そういったことも踏まえ、多少気が早いのは承知の上で、レース展開のシミュレーションをしてみたい。

混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?

 先述の通り、出遅れなどのアクシデントがなければハナに立つのはおそらくパンサラッサでタイトルホルダーが2番手につける展開は有馬記念とほぼ同じと見る。1000m通過のラップも60秒を切るくらいか。ちなみに大阪杯(G1)のジャックドールは58秒8。距離が1ハロン延びることを考慮すればほぼ同じイメージでいいだろう。

 とはいえ、好位から抜け出したポタジェが金星を挙げ、3番手で粘り込んだレイパパレが2着に入った今年の大阪杯のレベルに少々疑問が残ったことも確か。見た目のラップに反して実質は前残りの決着。どちらかというと、見応え十分の好レースというより、本来の実力を発揮できなかったエフフォーリアが負けたレースという見立てだ。

JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々