NEW

パチンコ約91%継続で「6万発・大当り180回」達成…「大当り全てRUSH」の激熱ライトも話題に!!

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ約91%継続で「6万発・大当り180回」達成…「大当り全てRUSH」の激熱ライトも話題に!!の画像1

 2022年はパチスロ分野に「6号機時代の新たなノーマルタイプ」と宣言する「NewNormal 300+」を投入した老舗メーカー西陣。パチンコ分野にも期待度が2倍になる激アツゾーン機能を搭載した『P刀使ノ巫女』などを導入しホールを盛り上げた。

 そんな同社の上半期を振り返る。今回は3月~4月に導入したマシンをピックアップしたい。

『PハイスクールD×D 真紅』(西陣)

パチンコ約91%継続で「6万発・大当り180回」達成…「大当り全てRUSH」の激熱ライトも話題に!!の画像2
公式HPより

■大当り確率:1/199.80
■右打ち時図柄揃い確率:1/14.63
■D×D RUSH突入率:約56%
■D×D RUSH 継続率:約91%
■超絶領域図柄 確率:1/85.67
        性能:50or30or20回
■賞球数:1&1&6&1&11/10C
■出玉:330 or 660 or 990個
■遊タイム:非搭載
○○○

 人気タイトル『Pモモキュンソード閃撃』の遺伝子を進化継承させた本機は、大当り確率1/199.80の1種2種混合タイプ。通常時の大当り後は必ず「電サポ4回+残保留最大4回」が付与され、ここで1/14.63で抽選される図柄揃いを射止めることができれば「D×D RUSH」突入となる。

 D×D RUSHでは「電サポ30回+残保留最大4回」が付与。継続率は約91%を誇る。最大出玉約1000発が15%と、展開次第ではまとまった出玉も獲得できる仕様だ。

 最大の特徴である新エンジン「超絶領域」は、通常時の大当りとは別に1/85.67の抽選が行われる。射止めることができれば「50or30or20回」のチャンスゾーンに移行。この間は左打ちでの消化だが、大当りすればRUSH突入が濃厚だ。

 導入から「95連・約4万発」「トータル大当り180回・約6万発」といった景気の良い報告も浮上。注目のCZ「超絶領域」に関しても、「チャンスゾーンの概念を変えた」といった意見があがった。

『P花満開 月光GCA』

パチンコ約91%継続で「6万発・大当り180回」達成…「大当り全てRUSH」の激熱ライトも話題に!!の画像3
公式HPより

■大当り確率:1/99.90(1/19.98)
■確変割合:55%
■獲得出玉:80 or 400 or1000個
■時短回数:30回or次回
■遊タイム:低確率250G消化(電サポ379回転)
■時短図柄:1/17.88※特図2低確電サポ無し時のみ(時短30回)
〇〇〇

 昨年秋に『THE FINAL』としてリリースされたマシンの甘デジ版で、ヘソ・電チュー共に大当り時の確変突入率は55%。奇数図柄揃いは確変大当り、偶数図柄揃いは通常大当りが濃厚だ。

パチンコ約91%継続で「6万発・大当り180回」達成…「大当り全てRUSH」の激熱ライトも話題に!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合