NEW

JRA宝塚記念(G1)「2頭出しは人気薄を狙え」に一致!? タイトルホルダー、デアリングタクトに引け取らない魅力…武豊アリーヴォに一角崩しの期待大

【この記事のキーワード】, ,
JRA宝塚記念(G1)「2頭出しは人気薄を狙え」に一致!? タイトルホルダー、デアリングタクトに引け取らない魅力…武豊アリーヴォに一角崩しの期待大の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 26日に阪神競馬場では上半期のドリームレース・宝塚記念(G1)が開催される。天皇賞・春(G1)を楽勝したタイトルホルダー、断然人気を裏切った前走の大阪杯(G1)9着から巻き返しを期すエフフォーリアも出走。直接対決で3戦全敗の天敵に絶好調の現役No.1ステイヤーがどう挑むのかも興味深い。

 とはいえ、同世代のライバル2頭以外にも復調が報じられている三冠牝馬デアリングタクト、大阪杯を制したポタジェにドバイターフ(G1)を勝利したパンサラッサなど、G1勝ち実績のある馬が5頭参戦。例年以上にハイレベルのレースが見られそうだ。

 その一方、宝塚記念はこのレースで初G1制覇を遂げた馬が、過去に複数誕生していることでも有名である。G1勝ち実績がなかったとしても伏兵の激走には注意したい。

 中でも今回特に注目したいのは、武豊騎手がコンビを組むアリーヴォ(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)だろう。

 これまで挙げた5勝すべてが小倉ということもあり、典型的な小倉巧者と思われがちだが、前走の大阪杯では7番人気に反発して3着に善戦したことは大いに評価できる。

 ジャックドールの逃げで前半のペースが流れたように見えて、勝ち馬のポタジェは最後の直線で4番手からの抜け出し、3番手のレイパパレが2着に粘っているように結果的に前残りの決着。末脚不発に終わった後方待機組からただ1頭、勝ち負けを演じたアリーヴォのポテンシャルの高さが垣間見えた走りだった。

「2頭出しは人気薄を狙え」に一致!?

 同馬を管理している杉山厩舎はデアリングタクトとの2頭出し。22日現在、『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズによると、デアリングタクトが4番人気でアリーヴォは6番人気となっている。

 これといって明確な根拠はないが、同じ厩舎の馬が2頭出走した際、人気のない方の馬が好走するという「2頭出しは人気薄を狙え」という競馬の格言もアリーヴォの激走を後押ししてくれそうだ。

 そして今回、この格言は父のドゥラメンテにも当てはまるかもしれない。

 今年の宝塚記念に出走予定のドゥラメンテ産駒のもう1頭は、1番人気も予想されているタイトルホルダー。血統的な意味でも「2頭出しは人気薄を狙え」に合致するのだ。

 そこへきて鞍上には宝塚記念で現役最多4勝を誇るレジェンド武豊騎手。大阪杯では前の馬を捕まえ切れなかったが、今回は快速で飛ばすパンサラッサとタイトルホルダーがハイペースを演出する可能性が高いはず。

 大阪杯で見せたパフォーマンスを再現できれば一角崩しも夢ではない。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRA宝塚記念(G1)「2頭出しは人気薄を狙え」に一致!? タイトルホルダー、デアリングタクトに引け取らない魅力…武豊アリーヴォに一角崩しの期待大のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!