NEW

JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突

【この記事のキーワード】, ,
JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突の画像1
撮影:Ruriko.I

 26日、阪神競馬場では宝塚記念(G1)が開催される。今年はG1馬5頭が出走することもあり、上半期の総決算にふさわしい熱戦を期待できそうだ。

 例年以上に豪華なメンバーが激突する春のグランプリが盛り上がることは間違いないのだが、同日に行われる2歳新馬も将来性豊かな好メンバーが集まっただけに見逃せない。

「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走!

 最大の注目はダービー馬ドウデュースなどを所有するキーファーズ代表の松島正昭氏が立ち上げた、クラブ法人インゼルレーシングと武豊騎手がタッグを組むアンテロース(牡2、栗東・岡田稲男厩舎)だろう。

 クラブ所属馬のクリダームは、12日の函館新馬戦で初出走初勝利。2頭目の出走となるアンテロースにかかる陣営の期待は大きい。1週前の追い切りでも抜群の動きを披露。額にある大きなハートマークもチャームポイントだ。晩成タイプのモーリス産駒ながら、デビュー前から素質の片鱗を見せている。

 最大のライバルとなりそうなのは、タイトルホルダーやスターズオンアースが活躍しているドゥラメンテ産駒のドゥラエレーデ(牡2、栗東・池添学厩舎)だろう。こちらは1歳セレクトセールで1億1000万円(税込)で落札された期待馬。追い切りの動きも上々で、完成度の高さに陣営も驚いている様子だ。

 そして、『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)のヒットで知られる藤田晋氏が所有するチャンスザローゼス(牡2、栗東・中内田充正厩舎)も怖い。こちらはエフフォーリアやデアリングタクトを出したエピファネイア産駒。1週前の追い切りではラスト1Fを10秒9という衝撃的な切れ。2歳戦で驚異的な強さを見せる厩舎だけに初戦から勝ち負けを狙える仕上がりにあるだろう。

 芝1800m条件ということもあって、来年のクラシックを見据える素質馬が集まるこのレース。勝ち馬からは2017年ダノンプレミアム、2020年ダノンザキッドが後に2歳G1を優勝。昨年このレースで5着に敗れたキラーアビリティもホープフルS(G1)を制したように近年の存在感は増している。

 また、それ以外でも18年ブレイキングドーン(ラジオNIKKEI賞・G3)、19年レッドベルジュール(デイリー杯2歳S・G2)を輩出したように出世の期待できるレースでもある。

 実際、このレースに限らず6月阪神でデビュー勝ちを決めた馬からは後のG1馬が複数誕生した。17年ケイアイノーテック(NHKマイルC)、18年サートゥルナーリア(皐月賞)、21年ダノンスコーピオン(NHKマイルC)もそうだった。

 伝説の新馬戦といえば菊花賞(G1)当日のレースが有名だが、昨年のダノンスコーピオンが勝利した際、元JRA騎手の安藤勝己氏がTwitterで「ゆくゆく伝説の…ってなるかもしれないよ」と評したように、6月阪神の2歳新馬戦も要注目のレースが増えてきそうだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声