NEW

JRA世紀の「ワガママ娘」が遂げた史上2頭目の快挙!牡馬顔負けの3連勝、グランプリで躍動する乙女たち…「強い牝馬」の時代はここから始まった!

【この記事のキーワード】, ,

JRA世紀の「ワガママ娘」が遂げた史上2頭目の快挙!牡馬顔負けの3連勝、グランプリで躍動する乙女たち…「強い牝馬」の時代はここから始まった!の画像1

 26日、阪神競馬場で行われる宝塚記念(G1)。春のG1戦線を締めくくるグランプリに今年は例年以上の豪華メンバーが集結した。

 1番人気を争うエフフォーリアやタイトルホルダーに注目が集まっているが、宝塚記念において忘れてはいけないのが牝馬の活躍である。近3年の宝塚記念は牝馬が3連勝中、19年にはリスグラシュー、20年・21年にはクロノジェネシスが連覇を達成している。

 この他にも15年には10番人気デニムアンドルビーと11番人気ショウナンパンドラがそれぞれ2、3着に好走。16年には8番人気のマリアライトが勝利するなど、近年の宝塚記念では牝馬が優勢だ。近10年でのべ24頭が出走しているが、複勝率は41.7%、複勝回収率は192%にも及んでおり、データにも顕著に表れている。

 宝塚記念に限らず、近年は牡馬混合のG1レースで牝馬の好走はもはや珍しいことではない。牡馬と互角どころかアーモンドアイを筆頭とした“牡馬顔負け”の成績を残してきた馬も登場している。

「強い牝馬」の時代はここから始まった!

 近年の競馬界はまさしく「強い牝馬」の時代。この扉を切り開いたといえるレースこそが、スイープトウショウが制した2005年の宝塚記念であった。

 この年の宝塚記念はタップダンスシチー、ゼンノロブロイが “古馬二強”として注目を集めていた。この2頭への支持は圧倒的なものであり、3番人気のハーツクライですら単勝オッズは18.3倍もついた程だった。

 一方のスイープトウショウは前走の安田記念(G1)で2着に好走していたものの、11番人気とほぼノーマークに近い評価。まともに調教するのも一苦労、頑なにゲートインを拒み、出遅れは当たり前…まさに「ワガママ娘」というべき癖の強さが既に知れ渡っていたスイープトウショウ。その末脚は一級品だが、「後方一気で牡馬の一線級が相手では…」そんな世間の評価がオッズにも表れていた。

 しかしこの日のスイープトウショウは一味違った。ゲートを嫌がることも無く、いざスタートを切るとスムーズに中団の位置を確保。4角では馬なりのまま外から進出を開始し、直線に入ると一瞬のうちに先頭に躍り出た。そのまま先頭を譲ることはなく、最後はハーツクライの猛追をクビ差で凌ぎ切り勝利してみせたのだ。

 このスイープトウショウの勝利は、牝馬としては実に39年ぶり史上2頭目の快挙。1966年にエイトクラウンが勝利した際は8頭立てであったことを踏まえれば、牡馬の一線級を真っ向勝負で打ち破ったのはスイープトウショウが初めてともいえるだろう。

 かつては古馬混合、ましてや中距離のG1では牝馬は中々通用しなかった時代であった。しかしこの勝利を皮切りに、直後の天皇賞・秋でヘヴンリーロマンスが勝利。その後はウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタなど、数々の名牝たちが2000年代を彩る活躍を見せた。

 現在まで続く「強い牝馬」時代の扉を開いたスイープトウショウ。今年は無敗の三冠牝馬デアリングタクトを筆頭に3頭の牝馬が出走予定だ。今年も牝馬が牡馬顔負けの走りを見せるのか、強く速く美しい乙女たちの走りに注目したい。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

 98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRA世紀の「ワガママ娘」が遂げた史上2頭目の快挙!牡馬顔負けの3連勝、グランプリで躍動する乙女たち…「強い牝馬」の時代はここから始まった!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声