NEW

JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直

【この記事のキーワード】, ,
JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直の画像1
横山典弘騎手

 26日に戦いの火蓋が切られる宝塚記念(G1)。今年はタイトルホルダーに騎乗する横山和生騎手と、エフフォーリアに乗る横山武史騎手の兄弟対決に注目が集まっている。

 そんな中、両ジョッキーの実父である横山典弘騎手は、伏兵のキングオブコージ(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)に騎乗予定だ。

 一昨年の1月に初めてコンビを組んだ人馬は4連勝で目黒記念(G2)を制覇。1戦挟んで故障を発症し、約1年間の休養を余儀なくされたが、復帰3戦目となった今年のAJCC(G2)で重賞2勝目を飾るなど相性は抜群である。

 G1初挑戦となった前走の大阪杯(G1)こそ11着に敗れたが、レース後の横山典騎手によると、レース前に舌縛りが外れて付け直した際に気分を害していたとのこと。どうやらゲートが開く前から馬が消耗していたようだ。

 また、当日は馬体が10キロ増えて過去最高の506キロだった上、2000mの距離もやや短かったか。これらのことを踏まえれば、前回の敗戦は思い切って度外視してしまうのもアリかもしれない。

 最終追い切りには管理する安田翔師自らが跨がっており、「落ち着いていい感じです」と前向きなコメントを残した。これなら巻き返しに向けて、状態面の問題はないようだ。

 とはいえ、『netkeiba.com』の事前予想でキングオブコージは単勝万馬券の15番人気想定。タイトルホルダー、エフフォーリアで1番人気を争う息子2人に比べると、厳しい戦いになることは間違いないか。

 しかし、父の馬をノーチャンスと見なしてしまうのも、いささか早計だろう。

非根幹距離巧者と狙う3度目の正直

 キングオブコージは父が距離に不安のあるロードカナロア産駒ながら、横山典騎手が長距離適性を見抜いて素質が開花した馬だ。2200mと2500mでそれぞれ重賞を含む2勝を挙げているように非根幹距離の巧者でもある。芝2200mのAJCC(G2)を優勝しているキングオブコージには悪くない条件だ。

 さらに、今年の宝塚記念はタイトルホルダーを始めパンサラッサやアフリカンゴールドなど、強力な逃げ馬が揃っていることも好都合。ハイペース必至とみられているだけに、追い込み脚質の本馬には展開もハマリそうだ。

「横山典騎手といえばエプソムC(G3)のジャスティンカフェ、ユニコーンS(G3)のハセドンと、ここ2週連続で人気の追い込み馬に騎乗したものの、共に末脚不発に終わっています。

ネットの掲示板やSNSなどでは今回のキングオブコージも後ろからの競馬が濃厚と見られているようですが、果たして3度目の正直となるでしょうか」(競馬誌ライター)

 AJCCを勝った際に「この後がすごく楽しみです」と期待のコメントを残していた横山典騎手。果たして注目の兄弟対決に父親が割って入るシーンは見られるだろうか。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
 キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!