NEW

パチスロ実戦「1000GぶりのAT突入」で逆転なるか!? 低設定濃厚台でも自力突破で粘った結果…

パチスロ実戦「1000GぶりのAT突入」で逆転なるか!? 低設定濃厚台でも自力突破で粘った結果…の画像1

 ひろ吉のパチスロ「実戦」紹介。今回は、現在も高稼働中の人気タイアップ機『バイオハザード7 レジデント イービル(以下、バイオ7)』(アデリオン)について書いていきたい。

 本機は純増約5枚のAT「ハザードラッシュ」で出玉を伸ばしていくタイプ。通常時は、全役で「バイオポイント」の獲得抽選を行い、突破型CZである「クライマックスバトル」を有利に進めるアイテムを獲得していく。

 主に規定G数到達から突入する「クライマックスバトル(以下、CB)」は、2ステージ突破でATへ当選。1stステージは突破率50%オーバー、2ndステージは突破率55%オーバーとなっている。

 AT「ハザードラッシュ」はG数上乗せ型で、突入時は基本的に特化ゾーン「シューティングアタック」からスタート。「シューティングアタック」は8G+α間、毎ゲーム全役で上乗せを行い、レア役成立時は上乗せG数が分裂する「増殖」の大チャンスだ。

 AT中は、レア役でG数上乗せの抽選を行う。さらに「増殖」や上乗せの高確率ゾーンも搭載しており、初期特化ゾーンであまりG数を獲得できなくても十分にチャンスがあるATとなっている。

 またAT突入時や終了時の一部では「エヴリンインパクト」に突入する。こちらも継続は8G+αだが「シューティングアタック」よりも「増殖」当選率などの上乗せ性能がアップし、さらに増殖濃厚となる7揃いも高確率で出現する。突入させてしまえば完走も目指せる激アツの特化ゾーンといえるだろう。

 ここまでスペックについて説明してきたので、そろそろ本題の実戦内容を紹介していきたい。

ゾロ目の日に高設定狙いで『バイオ7』を実戦!

 この日はゾロ目だったので、普段から稼働が良い『バイオ7』に着席。朝イチは早いG数での当りはなく、499Gで「CB」に当選した。アイテムをたくさん所持していたため、1stステージの突破率は80%オーバーまで上昇して難なく突破。さらに2ndステージでは、2G目にスイカを引いてあっさりと初のATをゲットできた。

 最初の「シューティングアタック」では、スイカで10Gから増殖で20Gを獲得するが、大きな上乗せはできず80GでATがスタート。悪くはないG数だったが、消化中は10Gの上乗せが1回あっただけで、約500枚を獲得してあっさりと終了してしまう。

 イマイチな結果だったので、早めのCBに期待していたが、500Gほど回したところで出玉は全て飲まれ、さらにモードAの天井(753G)目前の748Gまで持っていかれてしまう……。なんとかATにも入れたかったが、今回の「CB」は1stステージを突破することができずに通常へ。

パチスロ実戦「1000GぶりのAT突入」で逆転なるか!? 低設定濃厚台でも自力突破で粘った結果…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合