NEW

JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在

JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませるくせ者の存在の画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 26日、阪神競馬場では上半期の総決算となる大一番・宝塚記念(G1)が行われる。

 G1馬が5頭も参戦を表明している春のグランプリ。その中で栄えあるファン投票1位に輝いたのが、タイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎)だ。

 前走の天皇賞・春(G1)では、逃げて後続に7馬身の差をつける圧勝。菊花賞(G1)に続くG1タイトルを手中に収めた。

 キャリア5勝のすべてを通過順「1-1-1-1」で挙げている逃げ馬だが、今回は強力なライバルがいる。逃げの戦法で才能が開花したパンサラッサ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 昨秋にオクトーバーS(L)を逃げ切って勝つと、続く福島記念(G3)も逃げて後続に0秒6差をつける快勝。初めての重賞勝ちを果たす。

 暮れの有馬記念(G1)では13着と大敗を喫するも、年明け初戦の中山記念(G2)も逃げ切り、前走はドバイターフ(G1)で前年覇者のロードノースと同着優勝。国内より先に海外のG1タイトルを掴んでいる。

“ハナ争い”はさほど激化しないというのが大方の見方

 当然ながらレースで“逃げ”の戦法を取れるのは1頭だけ。現役屈指の強力な逃げ馬の激突に大きな注目が集まるが、この“ハナ争い”はさほど激化しないというのが大方の見方だ。

 というのも、1800~2000mのレースで序盤から飛ばして結果を残してきたパンサラッサに対し、タイトルホルダーは3000~3200mのレースでハナを切ってペースを作ってきた馬。両者は有馬記念で対戦があり、その時もパンサラッサが逃げてタイトルホルダーは2番手に収まっている。

 両陣営のコメントも対照的で、パンサラッサの矢作師は「行くしかない。どんなに競られても、こっちは挑戦者ですから。とにかく自分の競馬をするということに徹したい」とし、吉田豊騎手への指示について聞かれると、「自分の競馬に徹してくれ、それでバテたら仕方ない」とコメント。玉砕覚悟で突き進む意志を示す。

 一方、タイトルホルダーの栗田師は「逃げて勝っていますが、絶対に逃げなくてはいけないという馬ではない。この馬のリズムが逃げという形になっているだけ」とし、“逃げ馬”ではないことを強調。作戦についても「ジョッキーが上手くペース、リズムを掴んで乗ってくれている。ジョッキーにおまかせしています」と、位置取りよりもリズム重視で臨むとしている。

 このコメントからも、タイトルホルダーが無理にパンサラッサに絡んでハナを奪いに行くというのはイメージがしづらい。とはいえ、ファン投票1位という期待を背に何もできずに不発で終わるわけにもいかず、飛ばして逃げるパンサラッサを見ながら2番手でリズムよく進めていくというプランが理想となりそうだ。

JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合