NEW

JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み

【この記事のキーワード】, ,
JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア前向きコメントに「違和感」拭えず…もう騙されたくない前走の悲劇、枠順や展開にも「不安要素」が山積み?の画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 26日に阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1)。上半期の総決算といわれるグランプリにはG1馬5頭が参戦する。前走を圧勝して勢いに乗る馬もいれば、巻き返しを期す実力馬たちもまた虎視眈々と爪を研いでいる。

 戦前の下馬評では1990年にオグリキャップの記録した15万2016票を4万票近く上回り、歴代最多となる19万1394票を獲得したタイトルホルダーが他馬を一歩リードしているが、逃げる競馬で結果を出している馬にとって同型パンサラッサの出走は厄介だ。

 やはり競馬ファンの多くが気になるのは、昨年の年度代表馬エフフォーリア(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)の復活があるかどうかだろう。

「過去に3回やって3敗しているわけだから……」

 タイトルホルダーを管理する栗田徹調教師も気にするエフフォーリアには昨年の皐月賞、日本ダービー、そして有馬記念と直接対決したG1で全敗。いずれのレースも0秒5以上と力の差を見せつけられた。

 前走の大阪杯(G1)でよもやの大敗を喫したことで評価を落としつつあるものの、本来のポテンシャルを発揮したなら、断然人気に推されても不思議ではない実力の持ち主といえる。

 その一方で、未だに陣営が敗因を掴み切れていないことは引っ掛かる。

 表に出回っている情報としては、ゲートで突進するアクシデントや初の関西遠征や両隣に牝馬がいたことも影響したともいわれているが、あくまでもしかしたらというレベルの話。これには鹿戸調教師も「ただ正直、ちょっと分からないですね」と首をかしげるしかなかった。

 勿論、そんなことは陣営としても百も承知であり、そのための試行錯誤を繰り返したのが中間の調整過程である。

前向きコメントに「違和感」拭えず…

 宝塚記念の1週前追い切りに騎乗した横山武史騎手のジャッジは「正直あまり感触が良くない」と評したようにもうひとつ。ブリンカーを着用した最終追い切りで「明らかに変わった」「らしさが見られた」といったコメントも出たが、仮に馬具をつけて走ったとしても、実際にレースを終えてみないと効果があったかどうかは分からない。

「エフフォーリアはあんなもんじゃない。一番強いことも僕が一番知っています」

 パートナーへの絶大な信頼を置く横山武騎手には、今回同様に1週前追い切りで不満を抱えて惨敗した大阪杯で騙されたことも思い出しておきたい。

「本当に良かった天皇賞・秋には及ばないまでも、有馬記念よりはいいと思います」

 当時、最終追い切りの手綱を取った横山武騎手が残したこのコメントで「圧勝した有馬記念よりいいデキにあるなら大丈夫なのだろう」と安心したファンは決して少なくなかったはず。

 にもかかわらず、単勝1倍台の断然人気を裏切る結果となった陣営の責任は大きい。それだけに「ブリンカーで激変した」という今回のコメントにしても話半分で受け止めた方がいいのかもしれない。

 また、総合的に考えてみても不安要素が揃っていることも見逃せない。

JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積みのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々