NEW

JRAアナウンサー泣かせの「珍名馬対決」が東京新馬戦で実現!あなた「ゴノミ」はどっち?

【この記事のキーワード】, ,

JRAアナウンサー泣かせの「珍名馬対決」が東京新馬戦で実現!あなた「ゴノミ」はどっち?の画像1

 今年の宝塚記念(G1)は、珍しくフルゲートを超える20頭がエントリー。2頭が除外され、2年ぶりの18頭立てで行われる。

 宝塚記念前日の土曜日には東京競馬場で注目の2歳新馬戦(芝1800m)も組まれている。このレースにも20頭がエントリーしていたが、フルゲートが16頭のため4頭が除外された。

 出走が確定した中で有力視されるのはシャンドゥレールとレッドディライトあたりか。どちらもエピファネイア産駒らしく、2歳戦から能力を発揮してくれそうだ。

 その2頭のライバルになり得る存在を探そうと出馬表を眺めていると、一瞬デジャブかと勘違いしてしまいそうな、そっくりな馬名を発見した。

「珍名馬対決」が東京新馬戦で実現!

 フェノーメノ産駒のオレゴノミ(牡2歳、栗東・加藤和宏厩舎)とジャングルポケット産駒のイロゴノミ(牡2歳、栗東・牧田和弥厩舎)である。

 同馬主の2頭出しかと思いきや、どうやら単なる偶然のもよう。申し合わせたかのような“ゴノミ”対決が初戦から実現することになった。

 実はこの2頭はその一族も珍名馬で占められている。

 オレゴノミの母はアナタゴノミで、その母はアララットサンという特徴的な響きの持ち主。どちらも珍名馬オーナーで知られる小田切有一氏の所有馬だった。ちなみにオレゴノミを所有するのはスピードファームで、小田切氏の意志を受け継いでの名づけなのだろう。

 そんなオレゴノミの兄姉も珍名ぞろい。サアドウゾに始まり、オマワリサン、コリャコリャ、ワラッチャオ、オモシロソウ、ハハハなど思わず笑みがこぼれる馬名が並ぶ。中でも特に有名なのは、オマワリサンだろう。逃げて初勝利を飾ったときは「追いかけられたオマワリサンが逃げ切った」と話題になった。

 そんなオレゴノミだが、実は隠れた良血馬でもある。アララットサンの母はダイナフェザーという馬で、全妹があのダイナカール。つまりエアグルーヴの一族と近親の関係にあたる。

 一方のイロゴノミの一族も負けじと珍名馬がそろっている。

 母の名は色気がムンムン漂う、その名もイロジカケ。兄姉は3頭いるが、上からイロゴトシ、イロエンピツ、イロコイザタという「イロ」シリーズになっている。

 馬主の内田玄祥氏は、他にもオトナノジジョウやヨアソビ、コアクマなど“魅惑的”な馬名が多いことでも有名だ。

 さて、肝心のオレゴノミとイロゴノミの競走馬としての実力だが、調教タイムなどを見る限り、苦戦は免れそうにない。それでも走ってみないとわからない2歳戦。出るからにはチャンスはあるだろう。

 もしゴール前でこの2頭が競り合う展開になれば……。「インからイロゴノミ!大外オレゴノミ!イロゴノミか、オレゴノミか、まったく並んでゴールイン!」

 ぜひ2頭には、そんなアナウンサー泣かせのデッドヒートを演じてもらいたいところだ。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRAアナウンサー泣かせの「珍名馬対決」が東京新馬戦で実現!あなた「ゴノミ」はどっち?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々