NEW

パチスロ「元日から2万枚の猛爆」お祭り騒ぎ…大赤字という波乱の幕開け!?

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「元日から2万枚の猛爆」お祭り騒ぎ…大赤字という波乱の幕開け!?の画像1

パチンコ店の「正月営業」に関するお話

 6月も終わりが近づき、もう半年も経てば新しい年を迎える。今回は、ほんの数年前の元日に起きたエピソードだ。

 最近ではお正月営業といえど極端な回収には走らず、「平常営業を心掛ける」「大盤振る舞いをする」といったホールも以前と比べれば増えてきたと耳にする。

 しかし私の在籍していたホールは、そんな余裕など全くない田舎の小型店だった。正月三ヶ日はおろか、成人式のある10日頃までを「正月営業と」捉え、年末を含めた2週間はガッツリと回収するのが当たり前だったのである。

 後半は大きく落ち込むのも目に見えているので、「1月のノルマの半分は7日頃までに回収しておきたい」くらいなのが正直なところ。放出するどころか、当分は平常営業ですらないのが当然だったのだ。

 そして訪れた新年の元日営業日。パチンコもパチスロも極限の調整だが、やはり怖いのは高純増AT機の誤爆。『パチスロは1ミリも出ないでくれ。全台朝イチから天井まで行ってくれ』くらいの意気込みだが、その願いは一瞬で打ち砕かれた。

元日からお祭り騒ぎ…「2万枚」の猛爆台!? 

 まだ開店してから数分足らず。どこからか聞こえてくる『ティロリロリーン』というテンパイ音。何度聞いても心地の良い音であり、正に歓喜の瞬間…。

 違う! そうじゃない!

 お客さんが座った『アナザーゴッドハーデス』は数10GでGODが降臨。しかもゴッドステージが終わり最初のジャッジメントが始まると、聞こえてくるのはアノ有名なヴェルディの『レクイエム(怒りの日)』。

 上手くいけば100Gずつバンバン上乗せしていく『プレミアムオブハーデス』が始まったのだ。これがまた乗りまくり。ハーデスは事務室近くに設置されていることから、音も非常に良く聞こえてくる。

パチスロ「元日から2万枚の猛爆」お祭り騒ぎ…大赤字という波乱の幕開け!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合