NEW

パチンコは「超高速3000発搭載」のMVP最有力候補マシン、パチスロは「初っ端から2400枚確定」AT機など今年上半期も大活躍!

パチンコは「超高速3000発搭載」のMVP最有力候補マシン、パチスロは「初っ端から2400枚確定」AT機など今年上半期も大活躍!の画像1

 新時代においても抜群の存在感を放つ大都技研。そんな同社の「今年上半期」は、主戦場であるパチスロ分野のみならず、これまで実績のなかったパチンコ分野でも大成功を収めている。

『P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.』

パチンコは「超高速3000発搭載」のMVP最有力候補マシン、パチスロは「初っ端から2400枚確定」AT機など今年上半期も大活躍!の画像2
公式HPより

■大当り確率:1/319.6→約1/99.9
■鬼がかりRUSH突入率:約55%
■鬼がかりRUSH継続率:約77%
■ST回数:144回
■鬼がかりRUSH中BONUS出玉:0発or300発or1500発or3000発
■大当り振り分け
・通常時
「出玉3000発RUSH突入」55%
「出玉1500発RUSH非突入」45%
・右打ち中
「出玉3000発」約25%
「出玉1500発」約55%
「出玉300発」約6%
「ST回数回復」約14%

○○○
 大当り確率1/319.6のミドルタイプで、初当り時の約55%が「出玉3000発+RUSH突入」という激アツ仕様。また、非突入の場合も1500発の出玉を獲得できるため、ちょっとした安心感も兼ね備えている。

 ST「鬼がかりRUSH」は継続率約77%で、最大出玉はなんと3000発。さらに、変動時間は0.76秒と極めて速く、あっという間にドル箱の山を積み上げていくことが可能だ。なお、その出玉速度は時速6万~8万だと言われている。

 RUSH中の演出も要必見で、消化中は多彩なモードを任意で選択可能。バランスの取れた「ノーマルモード」、液晶ランプ・サウンドで様々な違和感が発生する「違和感モード」、一発告知系の「レムモード」、保留入賞時が告知タイミングとなる「先バレモード」、予告発生=超激アツの「予告無しモード」と、ユーザーを飽きさせない仕上がりとなっている。

 

『押忍!番長ZERO』(パオン・ディーピー製)

パチンコは「超高速3000発搭載」のMVP最有力候補マシン、パチスロは「初っ端から2400枚確定」AT機など今年上半期も大活躍!の画像3
公式HPより

 純増約2.7枚のAT「頂ROAD」と「頂CHARGE」、このふたつの頂とボーナスのループ=「漢気ループ零式」で出玉を伸ばしていく本機。通常時は、「押忍ポイント」が規定数に到達で初当り抽選を行い、当選時は主に番長ボーナスかレギュラーボーナスが発動、番長ボーナス中に7絵柄が揃えばAT「頂ROAD」が確定するというお馴染みのゲーム性を採用している。また、レギュラーボーナスはベルナビ8回まで継続する擬似ボーナス。消化中は全役で報酬の昇格抽選を行い終了後に発展する対決に勝利すればAT「頂ROAD」に突入する。

 AT中は「頂CHARGE」やボーナス成立でゲーム数再セット。頂CHARGEは1セット10G~50Gの押忍ポイント特化ゾーンで、消化中はチャンス役や零絵柄揃いで例外なく継続ストックを獲得でき、これ自体がロング継続することもあるようだ。

 また、頂CHARGEが 4セット継続するごとに「鉄拳制裁クラッシュ」に突入し当該セットのゲーム数が優遇or「頂CHARGE RISING」がスタート。頂CHARGE RISINGは20G継続で、この間は零絵柄揃いが大幅アップ→頂CHARGEの大量ストックが見込めることから、その期待枚数は1,500枚を超えるようだ。

 加えて、頂CHARGE中の押忍ポイント「999pt」到達はBB以上が確定。懐かしの「教育的指導」へと発展し、続けば続くほど期待枚数2,000枚を超える10G継続+αの頂ROADベルナビ回数特化ゾーン「絶頂CHARGE」突入に期待が持てる。

 

『超ギラギラ爺サマー』(サボハニ製)

 

パチンコは「超高速3000発搭載」のMVP最有力候補マシン、パチスロは「初っ端から2400枚確定」AT機など今年上半期も大活躍!の画像4
公式HPより

 同社の看板タイトル『吉宗』のスピンオフ作として、2010年にリリースされた『ギラギラ爺サマー』。その後継機となる本機は、1G純増約7.0枚の差枚数管理型AT「ギラギラッシュ」が出玉増加の軸となっている。

 AT突入のメイン契機となるCZ「ギラチャンス」は、前半戦と最終決戦の2部構成。まず前半戦では規定ゲーム数を消化するまで「BAR揃いの2択」が発生→成功で最終決戦の権利をストックし、最終決戦ではその「権利ストック分だけ青7揃いの2択」が発生→成功でATが約束されるといったフローだ。

パチンコは「超高速3000発搭載」のMVP最有力候補マシン、パチスロは「初っ端から2400枚確定」AT機など今年上半期も大活躍!の画像5

 AT突入時は必ず「ギラギラアタック」へ突入し、ここで初期枚数を決定。成立した押し順ベルに応じて枚数を獲得できる。具体的には、液晶上に表示されている「6パターンの枚数」とその押し順ベルがリンクしており、上記の画像でいえば、第一停止が左リール・青7ナビで+1000枚獲得となる。これは完全自力の6択となっており、仮に第一停止が中リール・BARナビであれば、有利区間完走の「2400枚」を最初から確定させることができてしまうのだ。その枚数も自力でアップさせることができるため、良くも悪くもその日の展開は「己のヒキ」が超重要といっても過言ではない。

【注目記事】
一撃2万5000枚オーバー「ダブルカンスト」も可能な上乗せ特化ゾーン搭載! パチスロ最強の差枚数管理型AT!
パチスロ伝説のタイトル『獣王』が新ジャンルに参入!「サバチャン」の興奮が再び!!
最大「1,010G」の爆乗せAT性能、期待得玉「3,500枚」など注目「6.5号機」がまもなく登場!【7月4日パチスロ導入リスト】

パチンコは「超高速3000発搭載」のMVP最有力候補マシン、パチスロは「初っ端から2400枚確定」AT機など今年上半期も大活躍!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合