NEW

早くも8万発オーバー「最大7,500個」が約80%でループする「覇拳SPEC」、複数の時短を搭載した新感覚マシンなどがデビュー【7月4日パチンコ導入リスト】

【この記事のキーワード】,

早くも8万発オーバー「最大7,500個」が約80%でループする「覇拳SPEC」、複数の時短を搭載した新感覚マシンなどがデビュー【7月4日パチンコ導入リスト】の画像1

 ミドルタイプから甘デジまで、7月4日は計5機種のパチンコが導入開始予定だ。

 まず、大一商会の『P真・一騎当千』は「覇拳SPEC」と銘打たれた1種2種混合タイプで、大当り確率は319.7分の1。約300個が払い出される初当り時は主にラウンド消化中の演出成功、あるいは失敗時に移行する時短1回の「ファイナルバトル」勝利でRUSHへ突入し、トータル突入率は約73.2%となる。

早くも8万発オーバー「最大7,500個」が約80%でループする「覇拳SPEC」、複数の時短を搭載した新感覚マシンなどがデビュー【7月4日パチンコ導入リスト】の画像2
公式HPより

 RUSHは時短1回+残保留4個、この間の図柄揃い確率は約3.64分の1で、計5回の抽選のうち1回でも当選すればRUSHが継続。トータル継続率は約80.0%を誇り、5回全てで大当りを射止めた場合は最大7,500個の出玉を獲得できる。

 アムテックスの『P戦国乙女 LEGEND BATTLE』は、長期稼働マシン『P戦国乙女6 暁の関ヶ原』のスペックを継承したシリーズ最新作。大当り確率229.1分の1で、初当り時の大半は3R約450個獲得後に電サポ17回の「決戦の刻」へ移行→ここで約35.5分の1の大当りを引ければRUSHがスタートする。

早くも8万発オーバー「最大7,500個」が約80%でループする「覇拳SPEC」、複数の時短を搭載した新感覚マシンなどがデビュー【7月4日パチンコ導入リスト】の画像3
公式HPより

 トータル突入率約50%のRUSHはバトル敗北まで継続する「レジェンドバトル」と図柄当たりまで継続する「レジェンドバトル∞(インフィニティ)」の2種類で、この間の大当りは75%で10R約1,500個に振り分けられる。バトル敗北後はRUSH復帰を賭けた「リベンジチャンス」が始まり、ここでの復帰を含めたトータル継続率は約81%となる。

早くも8万発オーバー「最大7,500個」が約80%でループする「覇拳SPEC」、複数の時短を搭載した新感覚マシンなどがデビュー【7月4日パチンコ導入リスト】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合