NEW

JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアはダブルで消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!の画像1

 今回は春のG1シリーズ、そして春競馬の締めくくりとなるグランプリ・宝塚記念(G1)を予想していく。

 先週だが、ユニコーンS(G3)は2着3着に▲△と入ってくれたのはいいが、1着がノーマーク。ただ、勝ったペイシャエスも前走は好走実績が一番多いレースを使っていて、5着と掲示板は確保していた。これを見逃したのは痛恨の極みだ。おかげで9万馬券を取り損ねてしまった。

 マーメイドS(G3)は1着に▲のウインマイティーが来てくれたのは会心の当たりだったが、2着3着がどちらも切った馬。特にソフトフルートはまさか来るとは思っていなかったので、これはどうしようもない。0.1秒差で◎が5着まで追い込んできていただけに、残念である。

 さて、予想に戻ろう。

 いつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
天皇賞・春 9頭
鳴尾記念 5頭
大阪杯、ドバイシーマクラシック 各4頭
ヴィクトリアマイル 3頭
目黒記念、クイーンエリザベス2世C 各2頭
海外馬 1頭
となっている。さすがに重賞以外からの転戦馬は皆無。大阪杯がG1に昇格して以降、同じ中距離路線ということで大阪杯からの転戦馬も現れているが、昔からの名残もあって天皇賞・春(G1)からの王道路線を歩む馬が依然として多いようだ。あと、海外遠征帰りの馬が目立って多いのも年間24鞍組まれている平地G1の中では随一のレースなので、チェックすべきところだろう。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 3-2-1-4
2番人気 2-1-2-5
3番人気 2-0-0-8
4~6番人気 1-3-3-23
7~9番人気 2-2-1-25
10番人気以下 0-2-3-47
となっている。1番人気、2番人気はそれなりの数字だが、3番人気がアテにしづらい。ただ、3番人気の2勝は近5年での成績なので無碍に落とすのも危険か。例年そうだが、5番人気以下の馬が必ず最低1頭は馬券に絡んでおり、1番人気から3番人気までの堅い決着で終わらないのが特徴。人気薄でも好走要素があれば積極的に押さえるのが良さそうだ。

JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアはダブルで消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!の画像2
ポタジェ

 これを踏まえて「◎」は大外枠の18番ポタジェとする。

 前走は大阪杯(G1)で、5番手から競馬を進め直線で前を交わして抜け出し、勝利を飾っている。

 前走は人気薄で勝利して穴を開けたわけだが、前走が初重賞制覇で初G1制覇という立ち位置であれば致し方ないところだろう。そこに至る過程も辛うじて掲示板を拾っている競馬だったので評価が下がっていたのも当然と言えば当然。

 ここで敢えて推すのは、まず好走時の位置取り。過去10年の宝塚記念は極端な逃げや追い込み馬が勝利した事例が少なく、番手もしくは中団から抜け出して勝利するパターンがほとんど。その点、この馬は中団から抜け出すパターンで勝ち負けすることが多く、前走もまさにそのパターンで勝利している。それなりに切れる脚もあるので、直線よーいドンの展開でも差し負ける可能性が低い。

 次に推すポイントは枠順の優位性だ。過去10年で8枠が7勝と極端に偏った成績が残っている。8枠が馬券に絡まなかったのは昨年と18、12年の3回で、そのうち2回は8枠に有力馬が入っていなかった。逆に言えばG1馬であるこの馬が入ったということであれば、8枠が絡む可能性が上がってくるとも言える。

 2200m戦は1戦しかしておらず、ギリギリ掲示板確保という結果に終わっていることと、58kgという斤量がどうなるかが不安点ではあるが、G1を制した勢いは素直に買っておくということで、期待値込みだが本命視する。

JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合