NEW

【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!

【この記事のキーワード】, ,
【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!の画像1
競馬つらつらより

 29日には大井競馬場で第45回帝王賞(G1)が行われる。昨年まで11年連続でJRA所属馬が勝利しており、例年以上に地方馬が手薄の今年もその流れは変わらないだろう。上半期のダート頂上決戦を展望していこう。

 中心は昨年中央と地方のダートG1を1勝ずつしたテーオーケインズ(牡5歳、栗東・高柳大輔厩舎)。JRA最優秀ダートホースの名に懸けても負けられない一戦を迎える。

 地方で挙げたG1勝利が1年前のこのレースだった。4番人気に支持された昨年は、中団前目の5番手追走から直線力強く抜け出して快勝。2着ノンコノユメには3馬身差をつけた。

 夏を休養に充てたテーオーケインズは秋のJBCクラシック(G1)から始動、ここは4着に敗れたが、チャンピオンズC(G1)では見事巻き返しに成功し、G1・2勝目を挙げた。このときの2着馬との着差はなんと6馬身。まさにぶっちぎりの走りを見せ、国内ダート中距離界の頂点に立った。

 その後、陣営が今年初戦に選んだのは初の海外遠征。2月に行われたサウジC(G1)に挑戦したが、日本では経験したことがなかったという息の入らない厳しいペースに馬が戸惑い、まさかの8着に敗れた。

 帰国後は、5月の平安S(G3)をステップに、春の大目標を帝王賞に設定。その海外帰り初戦は仕上がり途上、そして初となる59kgの酷量を背負うとあって、疑問視する声も少なくなかった。それでも単勝1.8倍の断然人気に支持されると、好位追走から直線危なげなく抜け出して完勝。余力十分の勝ち方には松山弘平騎手も「手応えも良かったですし、さすがという走り」とほっとした表情を見せた。

「一度使われたことでさらに馬も良くなる」と松山騎手が続けたように、過去最高馬体重500kgで臨んだ前走をひと叩きされた上積みは大きいだろう。テーオーケインズと松山騎手が見据えるのは連覇の2文字だけだ。

【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!の画像2
オメガパフューム

 G1通算5勝を誇るオメガパフューム(牡7歳、栗東・安田翔伍厩舎)は、3年ぶりの帝王賞制覇が視野に入っている。

 昨年末には東京大賞典(G1)で前人未踏の4連覇を達成。この春から種牡馬入りする予定だったが、急遽の方針転換で現役続行が決まった。

 今年は横山和生騎手を背に4月のアンタレスS(G3)で始動。59kgの酷量も3度目とあって全く問題なし。グロリアムンディなどの上がり馬をものともせず、完勝劇で現役第2章は幕を開けた。

 G1勝利を全て大井競馬場で挙げているオメガパフュームだが、当レースは19年から1着、2着、5着と着順を落としている。ともに1番人気に支持された過去2年を振り返ると、20年はクリソベリルに力負け、昨年は後方から直線伸びを欠いての不可解な敗戦だった。

 暑い時期の開催ということもあるのか、同じコースで行われる東京大賞典と比べると信頼感は今一つなのは間違いない。それでも前走の走りを見る限り、衰えた気配は微塵もなさそう。

 主戦M.デムーロ騎手を背に、G1・6勝目を飾って世代交代にストップをかけられるか。

【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合