NEW

JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち

【この記事のキーワード】, ,
JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「力負け疑惑」さらに深まった!? 悩める王者がいよいよ崖っぷち…横山武史「ついていくのが精一杯でした」の画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 上半期を締めくくった宝塚記念(G1)は、横山和生騎手の2番人気タイトルホルダーが2着ヒシイグアスに2馬身の差をつけて快勝。2分9秒7(良馬場)の勝ち時計はレース&コースレコード。ファン投票1位に恥じない鮮やかな勝利だった。

「僕がひるまないように馬を信じて一緒に走っていきました」

 圧巻のレースをそう振り返った横山和騎手だが、道中の冷静な手綱捌きも光った。スタートで後手に回ったパンサラッサが、強引にハナを奪われるシーンもあったが、2番手でピタリと折り合ったのは、パートナーへの絶大な信頼があったからだろう。

 陣営から凱旋門賞挑戦プランも飛び出した新王者のこれからは非常に楽しみ。同じく出走を表明しているドウデュースとの対決も現実味を帯びてきた。

悩める王者がいよいよ崖っぷち…

JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「力負け疑惑」さらに深まった!? 悩める王者がいよいよ崖っぷち…横山武史「ついていくのが精一杯でした」の画像2
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 その一方、横山武史騎手とエフフォーリア(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)のコンビにとっては、非常に厳しい結末が待っていた。

 断然人気を裏切った大阪杯(G1)からの巻き返しを狙った宝塚記念でも、ファンは昨年の年度代表馬を引き続き1番人気に支持。前走の敗因を特定できないままの出走だったとはいえ、ブリンカーを装着した最終追い切りでは抜群の動きを披露。主戦を任される横山武騎手も「あんなものではない」と手応えを掴んでいたはずだった。

 しかし、実際にブリンカーを着用して大一番に臨んだものの、好調時のような行きっぷりが見られずに6着に完敗。着順こそ9着から前進したとはいえ、現役最強馬に名乗りを挙げた昨年の有馬記念(G1)とはまるで別馬のような敗戦といえる。

 少なくとも前走より良化したはずのエフフォーリアは、なぜここまで不甲斐ない競馬を続けてしまったのか。

 ひとつ気になったのが、前半からペースの流れる競馬に不安があったことだ。

 過去、エフフォーリアは有馬記念まで前半1000m通過で60秒を切るような厳しいラップを経験したことがなかった。当時もタイトルホルダーとパンサラッサの2頭が揃っていたものの、暮れの中山で力を要する馬場。2500mの距離を後方から追い上げての勝利だった。

 結果的に勝ちはしたが、道中のポジションはそれまでのような好位よりもやや後ろ。ペースが速いと置かれ気味になる弱点も見え隠れしていたのかもしれない。そして、前半1000m通過が58秒8の大阪杯でも最後の直線で10番手。道中で追走に手間取ったことと無関係ではないだろう。

JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合