NEW

JRA宝塚記念(G1)和田竜二「バテても止まってもいません」絶好チャンス逃がすも悔いなし…ディープボンドに「足りなかった」もの

【この記事のキーワード】, ,
JRA宝塚記念(G1)和田竜二「バテても止まってもいません」絶好チャンス逃がすも悔いなし…ディープボンド「最大の弱点」が浮き彫りの画像1
ディープボンド 撮影:Ruriko.I

 またしてもG1の壁を破ることが出来なかった。

 宝塚記念(G1)で4着に敗れたディープボンド(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)は、デビューからここまでG1レースの出走が8回。昨年暮れの有馬記念(G1)でエフフォーリアに敗れたものの、グランプリ3勝を誇った女傑クロノジェネシスに先着する2着に好走した。

 3歳クラシックでは無敗の三冠馬コントレイルの陰に隠れた存在ながら、古馬になってから頭角を現し、天皇賞・春(G1)でも2年連続で2着に入ったディープボンド。実績的にも現役トップクラスの実力馬の1頭だろう。

 1番人気に推された前走の天皇賞・春でタイトルホルダーの後塵を拝したものの、動きの読めないカラ馬の影響もあり、マイペースの逃げに持ち込めたライバルとの間に7馬身ほどの差は感じられなかった。

 そして、鞍上の和田竜二騎手にとっても、宝塚記念は4年前にミッキーロケットで制した好相性の舞台だけに、何としてでも勝ちたかったに違いない。G1の壁に3度跳ね返されたディープボンドにとって宝塚記念の舞台は、過去にこのレースで初G1タイトルを手に入れてきた先輩たちの偉業も心強い味方となるはずだった。

 しかし、圧勝したタイトルホルダーとの着差は約4馬身と縮まったとはいえ、最後の直線で突き放されての完敗。勝ち馬に2分9秒7のレコードで走られては手も足も出なかった。勝負を賭けた大一番で高速馬場という敵も立ちはだかった。

「タイトルホルダーをマークして行こうというプランでした」

 レース後に和田竜騎手がそう振り返った通り、前残りだけは許さないという強い意思を感じられる積極策で挑んだ。鞭を入れつつ追い上げを図ったが、最終コーナーを迎えた両馬の手応えの差は歴然。前の馬を捕まえるどころか、後ろにいたヒシイグアス、デアリングタクトに交わされてしまった。

「同じステイヤーでもレコード勝ちのタイトルホルダーとは、持っているスピードの違いを思い知らされましたね。パンサラッサが強引にハナを奪ったこともあり、1000m通過が57秒6というハイペースでディープボンドは追走が精一杯でしたから。

例年のように馬場の傷みが進んだ最終日ならまだよかったのですが……。気合と闘志が強く感じられた和田竜騎手の渾身の騎乗には満足しています。勝ちに行っての結果を不満に思うファンはそう多くないでしょう」(競馬記者)

JRA宝塚記念(G1)和田竜二「バテても止まってもいません」絶好チャンス逃がすも悔いなし…ディープボンドに「足りなかった」もののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合