NEW

パチスロ「裏モノ彷彿」の超ボーナス連チャンマシン、2400枚を超越する暴君マシンなど注目作が続々と登場!【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】

パチスロ「裏モノ彷彿」の超ボーナス連チャンマシン、2400枚を超越する暴君マシンなど注目作が続々と登場!【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】の画像1

 ヒットメーカー・京楽産業の今年上半期を振り返る当企画。前回は、「一撃99連・99999発」も報告もあがった『キン肉マン3 キン肉王位争奪戦』や、新デバイス「全滅アタッカー」を搭載した小当りRUSH機『仮面ライダー 闇のライダーver.』など、同社の主戦場であるパチンコ機を振り返ったが、今回は一部ファンを熱狂させたパチスロ編となる。

『ぱちスロギャグダー』

パチスロ「裏モノ彷彿」の超ボーナス連チャンマシン、2400枚を超越する暴君マシンなど注目作が続々と登場!【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】の画像2
公式HPより

 よしもと芸人をタイアップした本機は、「WAI♪WAI♪」ランプ点灯でボーナスとなる完全告知マシン。ボーナスはビッグとREGの2種類で、ビッグは約300枚、REGは約100枚の獲得が可能だ。

 補足だが、6号機の規則上、BIGで300枚弱の獲得は不可能。そのため、本機はAT機能などを用いた疑似ボーナスタイプを採用している。

 通常時は全3種類の演出モードがあり、よしもと芸人が登場する「エンジョイモード」は7セグ演出がメイン。最もシンプルな「シンプルモード」は消灯や7セグ演出が発生せず、「メリハリモード」はパネル消灯が演出のメインとなる。

 また、告知ランプの「WAI♪WAI♪ランプ」も「ひだり」「まんなか」と好みでカスタム可能。「ひだり」選択時は点灯時に告知音が発生するのに対し、「まんなか」選択時はその名の通り、真ん中のランプがひっそりと光るのが特徴。サウンドも「ポップ」「デジタル」「レトロ」と3種類のパターンが用意されている。

「エンジョイモード」で発生する7セグ演出については、数字の3つ揃いでボーナスが確定となり、偶数揃いはBIGorREG、奇数揃いはBIG、7揃いはBIG+αが濃厚。また、「345」「543」などの順目や逆目、「233」などの奇数の中・右テンパイはチャンス目で、「253(ツッコミ)」「452(仕事人)」といったリーチ目も存在する。

 また、同モード中の7セグ「笑」揃いやメリハリモード中のパネル全消灯は「ラフチャンス」へ突入。このラフチャンスは4Gor5G継続で、消化中はレア役成立でボーナス期待度がアップする、自力タイプのボーナス獲得ゾーンとなっている。

 そんな本機だが、先行導入の時点で「終日7000枚」を突破するなど、予想を遥かに超える連チャン性能を実現。その一撃性と香ばしい筐体デザインが相まって、ネット上では「裏モノを彷彿とさせる」「昔のパチスロを思い出す」といった声があがるなど、一部ファンの注目を大いに集めた。

パチスロ「裏モノ彷彿」の超ボーナス連チャンマシン、2400枚を超越する暴君マシンなど注目作が続々と登場!【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合