NEW

パチスロ「現行機屈指の激アマ」「2400枚突破の強烈AT」往年の名機リメイク版などをリリース! 【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】

パチスロ「現行機屈指の激アマ」「2400枚突破の強烈AT」往年の名機リメイク版などをリリース! 【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】の画像1

 業界が誇るトップメーカー・サミーの「今年上半期」を振り返る当企画。前回は、往年の名機をリメイクした『P真・北斗無双Re:319ver.』や、時速70000発オーバーを実現したライトミドル『P真・北斗無双 第3章 ジャギの逆襲』など話題のパチンコ機をピックアップしたが、今回は総勢6機種が登場したパチスロ編第一弾となる。

『パチスロディスクアップ2』

パチスロ「現行機屈指の激アマ」「2400枚突破の強烈AT」往年の名機リメイク版などをリリース! 【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】の画像2
公式HPより

 スペックはボーナス+ATタイプで、BIGは最大202枚、REGは最大65枚の獲得が可能。BIG消化中はこれまでの「真・技術介入(ビタ押し成功で「DJゾーン」のゲーム数上乗せ)」のほか、全リールビタ押しで成功するたびにゲーム数が加算される「極・技術介入」、上乗せ性能が2倍に跳ね上がる「ダブルアップBB」といった新たな上乗せ機能が追加されている。

 AT「DJゾーン」と、BIG当選時の約50%で突入する「ダンスタイム」も先代のゲーム性を踏襲。ただ今作では、ダンスタイムに継続率の概念を加えた「feat.ダンスタイム」も搭載されているため、先述した「極・技術介入」「ダブルアップBB」などがうまく絡み合えば、2400枚完走も十分に射程圏内だ。

 そして出玉率はもちろん、設定1でも「約103%(フル攻略時)」。先代よりもやや難易度はあがったものの、6号機時代でも突出した甘さは健在だ。

『アラジンAクラシック』

パチスロ「現行機屈指の激アマ」「2400枚突破の強烈AT」往年の名機リメイク版などをリリース! 【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】の画像3
公式HPより

 スペックは純増2.9枚のATタイプ。出玉増加の軸となる「アラジンチャンス(AC)」は往年のシステムを踏襲しており、通常時は単チェリーを機に「AC高確率」へ移行→その後は文字通り、高確率でACに当選する仕組みとなっている。

 ACは1セット30Gで、消化中はセット上乗せや「BIG CHANCE(ボーナス)」を抽選。さらにAT終了後は「状態」移行抽選が行われるのだが、この「状態」こそが本機の真骨頂であり、状態移行時の3回に1回は90%ループの「状態ロング」が選ばれ、この間はチャンス役を引けなくてもAC当選に期待できるのだ。

 そして状態以降後は、必ず有利区間リセットされ、引き戻し区間へ移行する。その引き戻し期待度は約50%で、引き戻し成功時は「状態」への移行が濃厚となるため、さらなる連チャンに期待が持てるというわけだ。

 なお、一撃トリガーとして最大1000G継続の「S(スーパー)AC」、本作から新たに「裏AC」なる機能も追加されており、後者はACの大量ストックに期待できる。

『パチスロドリフターズ』

パチスロ「現行機屈指の激アマ」「2400枚突破の強烈AT」往年の名機リメイク版などをリリース! 【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】の画像4
公式HPより

 通常時はゲーム数消化・チャンス役成立・CZ「北壁脱出ミッション」などを契機に自力RUSH突入ルート「ドリフターズゲート(DG)」を目指すゲーム性で、消化中は約114枚の出玉を獲得可能。全4種類の扉が1Gごとに時計回りで回転し、DR扉時にタイミングよくベルが揃えば「ドリフターズRUSH(DR)」確定となる。

 なお、その扉はDRの初期ゲーム数を示唆しており、赤扉なら10G、金扉なら20G、虹扉なら30Gが約束される。

 DRはリアルボーナスが高確率で成立する集中ゾーンで、状態中のボーナス確率は驚異の約1/3.3(全設定共通)。赤7揃いの「漂流者ボーナス」は純増約4.9枚で、約114枚のコイン増加が見込める。また、消化中は液晶下部のメーターMAXで発展→バトル勝利でボーナスストックとなり、DRのゲーム数が加算されることもあるようだ。

 首尾よく連チャンしていくと、エンズバトルなる特殊ボーナスが発生。同バトルは3・6・10連目に必ず発動し、勝利すればVストック獲得となる。13回目のボーナスはエンズエピソードが発動し、ボーナスストック+DR10G上乗せが濃厚だ。さらに、13連目以降のRUSHは真DRIFTERS RUSHへと昇格し、出玉性能が大幅に強化されるという。

 その他には、突入時点でボーナスストック濃厚となる1G完結の上位ボーナス「全員集合ぼ~なす」や、トータル継続率95%のST型特化ゾーン「義経バトル」といった多彩なトリガーも用意されており、あらゆる場面から一撃大量出玉を目指せる設計となっている。

【注目記事】
【パチスロ新台】導入初日から「万枚続出」の激アツ6.5号機!
パチスロ新台、令和のヒットメーカーが誇る「看板タイトル」が別メーカーから登場!
パチンコ新台「超快感ループスペック97」も話題のメーカー…新ジャンルで活躍した名作を振り返る

パチスロ「現行機屈指の激アマ」「2400枚突破の強烈AT」往年の名機リメイク版などをリリース! 【ヒットメーカー・2022年上半期の軌跡】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合