NEW

超破格の大当り確率…約1/40!「甘デジより遊びやすいパチンコ」の元祖的な存在!?

【この記事のキーワード】, ,

超破格の大当り確率…約1/40!「甘デジより遊びやすいパチンコ」の元祖的な存在!?の画像1

超破格の大当り確率…約1/40!

 デジパチを打っていて、「出玉は少なくても良いから羽根モノみたいに手軽に当てたい」と何度も思ったことがあります。しかも当時は、低貸しコーナーは無い4円パチンコの時代です。

 今から約15年前は、99分の1の「遊パチ」がようやく各メーカーから出揃い、各パチンコ店において「遊パチコーナー」を確立していましたが…。

 その遊パチよりも確率が倍で、とても当りやすい機種が発表されました。しかも、とある大手遊技機メーカーのセカンドブランドとして初めて発表した機種でした。

 その機種は、2008年に発表された『CRAパチンコサラリーマンST40J』(ジェイビー製)。親会社は「SANKYO」です。

 大当り確率は39.5分の1と超破格。でも最大16ラウンド大当りは搭載しておらず、1回の大当り出玉は約300個でした。確変は大当り終了後の1回転のみで、突確と確変終了後に0回か40回の時短付です。

当時としては画期的な演出も魅力

 同機はオリジナルコンテンツでしたが、普段は見られないパチンコメーカーの裏側を舞台にしたゲーム性となっていました。その営業、開発、企画など、それぞれの物語を描いております。

 大当り終了後には、1回転限定STの「炎の一発チャンス」モードに必ず突入。STの確率は破格の4分の1です。ここでハズレてしまっても、時短が付くかどうかの抽選があります。演出でキャラクター達が画面を押し出すことができれば、40回の「オリパチモード」に突入しました。

 この「オリパチモード」は、当時としては画期的な演出でした。背景、絵柄、予告までを打ち手がカスタマイズできる演出機能が備わっていたのです。

超破格の大当り確率…約1/40!「甘デジより遊びやすいパチンコ」の元祖的な存在!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合