NEW

JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。毎度おなじみの下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみるこのコーナーだが、今回は【特別版】として、2022年上半期のトピックスを振り返る。今回はいよいよ後半戦!


【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦はコチラ

<4月15日掲載>
JRA「理由なき」単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然……ナリタブライアンのレコードを塗り替えたのは、約110億円分を一瞬で「紙クズ」にしたお騒がせホース

JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦の画像2

ライター「A」:皐月賞(G1)を前に、三冠馬ナリタブライアンのタイムを0.5秒も更新して優勝したノーリーズンの記事が話題となりました。

デスク「Y」:単勝115.9倍だったノーリーズンの走りには度肝を抜かれたよね。

ライター「A」:その後、蛯名正義騎手(現・調教師)と日本ダービー(G1)に向かい8着。菊花賞(G1)では1番人気に支持されたものの、スタート直後に鞍上の武豊騎手を落馬させてしまいました。

デスク「Y」:菊花賞は衝撃的だったよ。テレビ見ながら、「マジか!?」って叫んだもの。

ライター「A」:結局、その年の菊花賞は10番人気だったヒシミラクルが勝利しています。

デスク「Y」:春は波乱の立役者となった馬が、秋にはそのアシスト役に回った形に。これは印象深かったなぁ。そういえばヒシミラクルおじさんもいたねえ。

ライター「A」:馬連の配当は9万6070円と当時のクラシック史上最高配当。またこの年の夏から3連複馬券が発売されており、こちらの配当も34万4630円と高額でした。

デスク「Y」:G1では3度目の3連複発売だったんだよね。スプリンターズS(G1)と秋華賞(G1)は人気馬が上位に入ったから、それほど払戻し金が高額ではなかったんだけど、ここはドカンといった。馬券の買い方が変わっていくなってしみじみと思ったよ。

ライター「A」:デスクの負け額も徐々に増えていったと。

デスク「Y」:ノーコメントでお願いします……。


<4月18日掲載>
JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想

ライター「A」:武豊騎手とドウデュースの皐月賞(G1)を振り返る記事が人気を集めました。

デスク「Y」:ドウデュースはほぼ最後方から進んで、最後の直線で追い上げたけど3着。安藤勝己氏もTwitterで「それにしても後ろからすぎた」と困惑してたね。

ライター「A」:この敗戦で、2007年の皐月賞で敗れた武豊騎手とアドマイヤオーラを想起した人も多かったようです。

デスク「A」:ここが火種となったんだよね。それから1か月後にアドマイヤムーンが香港で敗れた際、馬主の近藤利一さん(故人)の堪忍袋の緒が切れて蜜月関係が終わっちゃった。

ライター「A」:両者の間に生じた溝は深く、騎乗馬が抽選で決まるWSJSでアドマイヤミリオンに騎乗という例外はあったものの、近藤オーナーの死去後にアドマイヤビルゴが登場するまでアドマイヤ軍団×武豊のコンビが復活することはありませんでした。

デスク「Y」:「6億円ホース」アドマイヤビルゴも期待されたほどの活躍ができていないのも寂しいなぁ。

ライター「A」:「アドマイヤ」軍団の名義は妻の近藤旬子氏に引き継がれていますが、馬主活動には消極的なようです。JRAに登録された現3歳世代は5頭、2歳世代は1頭と減少しています。

デスク「Y」:「水色・青鋸歯形・白袖」の勝負服を目にするのもあと少しかも。せっかく復活したんだから、武豊騎手がこの勝負服でG1制覇を達成するところをもう一度見たい!

JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合