NEW

パチンコ「驚異の時短継続率」で一撃3万発!! 盤面が光輝く傑作!!

【この記事のキーワード】,

パチンコ「驚異の時短継続率」で一撃3万発!! 盤面が光輝く傑作!!の画像1

他とは異なるゲーム性を持った傑作

 1997年辺りのパチンコは、CR機や現金機が共存共栄しておりました。現金機、デジパチとも時短が付いた機種が豊富に発表。その他にも羽根モノ、権利モノ、一般電役など種類は多かったです。現在よりも、それぞれのパチンコ店に個性が表れていた印象。1つの店舗に決めるのは難しい状況でした。

 参考までに、どんなパチンコ機があったのでしょうか?

 時短機能が4つ備えられた現金機の『マジカルチェイサー3』、5回リミッターでもパチンコとカラオケが融合した『CR華観月Z』、電チューに玉が入って役モノ内の回転盤のスタートに入賞してデジタル回転する『ホー助くんDX』などです。

 ここに挙げたパチンコ機は、どの機種もロングヒットや絶大な人気を得たモノばかりでした。現金機では、ほとんどの機種が絵柄によって時短回数が異なるゲーム性となっていたのですが…。

 大当り後、時短に突入するかどうかを抽選するゲーム性を持ったモノが登場しました。

 その現金機は、『鬼退治2』(平和)です。

「一度突入すると、なかなか終了しない」超強力機能!?

 本機は時短への抽選が大当り終了後に抽選されます。「大当り後の保留1回転目と2回転目のいずれかでリーチが掛かること」で時短突入するのです。他のパチンコ機で、このような突入システムは見慣れない画期的なモノでした。

 そして、この時短は「一度突入すると中々終了しない」という超強力機能でした。その昔、実際に打って調べたことがあります。

パチンコ「驚異の時短継続率」で一撃3万発!! 盤面が光輝く傑作!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合