NEW

出玉率は当時屈指の「118%」5号機黎明期を代表する最強ハイスペックマシン【パチスロ5号機回想】

【この記事のキーワード】, ,

出玉率は当時屈指の「118%」5号機黎明期を代表する最強ハイスペックマシン【パチスロ5号機回想】の画像1

機械割は当時最強クラス⁉

 ダンス・クラシックに空耳で日本語詞を付けたカバー曲で、かつて日本のミュージックシーンを席捲したアフロヘアとサングラスがトレードマークのダンス☆マン。そんな男とコラボレーションしたアリストクラートの5号機『ダンス☆マン』は、設定6の機械割が「約118%」と、当時としては破格の数値を誇るハイスペックマシンとしても有名だ。

 5号機黎明期の2007年にホールデビューした本機は3種類のビッグとダンスフィーバー、計4種類のボーナスを搭載しており、ビッグは約260枚、ダンスフィーバーは最大114枚の獲得が可能。ビッグ中は液晶下部のナビに従って消化すればOKで、レバーONでの歓声発生→赤7絵柄揃いは消化後のART「ダンスライブ」突入が約束される。

 一方、ダンスフィーバー中には技術介入要素があり、まずは左リール上段or中段に青7絵柄を狙ってチェリーと8枚役の複合役を10回入賞。続いて8枚役を1回揃え、最後にチェリーと8枚役の複合役を1回奪取すれば上記枚数を得られる。

 消化中の赤7揃い非成立ビッグ後及びダンスフィーバー後は主にART「アンコールタイム」が発動し、3択15枚役を完全ナビ。1Gあたりの増加枚数は約0.7枚で、規定ゲーム数消化、もしくは特定役成立でダンスタイムへ昇格する。

 ダンスタイムは3択15枚役にARTのパンク役である3種類のチェリーナビも加わる上位ARTで、継続中は液晶画面左右の色で「成立している」チェリー、中央の色で「成立していない」チェリーを表示。つまり、中央の色が青ならば青7絵柄、赤ならば赤7絵柄、白ならばBAR絵柄を狙えばチェリー入賞を回避でき、ARTを延命できるというわけだ。

 ダンスタイム中のチェリーナビ回数(最大20回)はあらかじめ決められており、ナビ消化後はアンコールタイムへ移行。アンコールタイム中のチェリー成立時は、レバーONで「ヒッヒッヒ」と笑い声が発生する。

 通常時の消化手順は左リール枠上~中段に赤7絵柄orBAR絵柄を狙い、残りリールはフリー打ちで問題なし。右リール枠上に赤7絵柄を狙う逆押し手順は目押し頻度が多くなるものの、上段赤7テンパイは2確目となるなど、ボーナス察知が容易になる。 

 設定推測要素は単独ボーナス出現率、ビッグ中ハズレ出現率、ダンスタイム中のチェリーナビ振り分け割合など。天井へはボーナス間800Gハマリで到達し、その後のリプレイ成立でボーナス当選まで15枚役ナビの発生率がアップする。 

(文=編集部.)


【注目記事】
パチスロ6.5号機「最大上乗せ4桁」の快感!超人気タイトルが完全復活!!―新台分析―
パチスロ6.5号機で「終日万枚」の超ダークホース、「1000枚→2400枚昇格!?」のガチバトルマシンなど孤高のメーカーに熱視線!
大阪市「パチンコも賭博に」意見書可決も… 重鎮・大崎一万発氏が「選挙前の人気取りのようにしか見えない」などと猛反論

 

出玉率は当時屈指の「118%」5号機黎明期を代表する最強ハイスペックマシン【パチスロ5号機回想】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合