NEW

JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!

JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!の画像1

 今回はフィエールマンやパンサラッサを輩出した異色の3歳ハンデ重賞、ラジオNIKKEI賞(G3)を予想していく。

 先週の宝塚記念(G1)だが、ヒシイグアスとデアリングタクトが予想に乗ってくれたが、1着がまさかのタイトルホルダー。パンサラッサが高速の逃げを打ち、タイトルホルダーが番手を進むところまでは予想通りだったが、有馬記念(G1)のときと違ってそのまま直線で突き抜けてレコード勝ちするのが予想外だった。3歳時の脆さはどこへやら、本格的に強くなったように感じる。

 さて、予想に戻ろう。

いつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
条件戦(1勝クラス) 7頭
プリンシパルS(L、OP) 4頭
NHKマイルC、白百合S(OP) 各3頭
青葉賞、江の島特別(2勝クラス)、早苗賞(1勝クラス) 各2頭
日本ダービー、オークス、皐月賞、京都新聞杯 各1頭
条件特別(1勝クラス) 2頭
条件特別(2勝クラス) 1頭
となっている。条件戦を使ってここに臨む馬が多くを占めており、秋に向けての賞金加算を狙う馬が多いのだろう。春の3歳G1戦線に乗ってきた馬もそこで好走できず、賞金が足りないままになっているので、ここで巻き返して秋に備えるといったところか。前走成績だけでなく総合的にどう戦ってきたのかを見る必要がありそうだ。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 2-3-0-5
2番人気 3-0-0-7
3番人気 1-0-0-9
4~6番人気 2-1-4-23
7~9番人気 2-4-4-20
10番人気以下 0-2-2-55
となっている。1番人気は辛うじて五分の成績を残しているが、2番人気と3番人気はアテにしづらい。特に3番人気は19年の1勝のみで、それ以外はすべて馬券圏外。近5年に絞ると1番人気も18年にフィエールマンが来たのみ、2番人気は17年、18年に勝利しているがそれ以降は馬券圏外で、昨年と一昨年は人気馬がすべて飛んでいる。数字から見ても4番人気から9番人気が広く狙い目になりそうな傾向だ。

 これを踏まえて「◎」は穴っぽいが3番フェーングロッテンとする。

 前走は白百合S(L)。少頭数のレースでハナに立ち、緩いペースでそのまま直線でも後続を寄せ付けず完勝した。

 新馬戦が3着だったが、勝った馬がダービー馬ドウデュースということでこれは致し方ない。続く未勝利戦を2着して、3戦目で勝ち上がる。その後2戦は10着と原因がわからない負け方をしたものの、2走前で3着と復調気配を見せて前走という流れ。

 この前走の内容がやはり優秀で、負かした相手は京都新聞杯(G2)2着、京成杯(G3)3着のヴェローナシチー。しかも、「後に」重賞で好走したわけでなく、重賞で好走したあとにここに挑んだ馬を負かしているのだ。陣営もこの勢いには期待をかけているようで、レースの流れに関しても出たとこ勝負でどうにでもなると見ているよう。

 重賞好走馬を好タイムで負かしている時点で、実力は重賞級。ハンデも前走から1kg減で走れるのも魅力がある。思いのほか人気しないようなので、積極的に狙ってみたい。

JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合