NEW

JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由の画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 2日、宝塚記念(G1)を勝ったタイトルホルダーの共有オーナー岡田牧雄さんが『現代ビジネス』の取材に応え、凱旋門賞を勝利し「狂騒曲」に終止符を打つと息巻いているが、大いに賛成したいのは筆者だけではないかもしれない。

 言い得て妙である「凱旋門賞狂騒曲」とは、言うまでもなく日本競馬が長年「悲願」として掲げる凱旋門賞(仏G1)へ、毎年のように現役最強馬を次々と送り込み“玉砕”し続けている現象のことである。

 無論、日本馬が凱旋門賞制覇を目指すことに意味がないというつもりは毛頭ない。だが、単純に秋競馬の最盛期に、その主役となるスターホースが不在というダメージは小さくはないし、日本の競馬ファンからの凱旋門賞挑戦に対する疑問の声も年々大きくなっている印象だ。

 そして、それ以上に深刻に感じられるのが欧州の競馬関係者の「凱旋門賞離れ」である。

 この日、英国のサンダウン競馬場では芝2000mのエクリプスS(G1)というレースが行われる。これまで日本馬が参戦した歴史がないこともあって、日本の競馬ファンにとってあまり馴染みのないG1レースかもしれない。だが、欧州では年々評価を高め、近年は英国有数のビッグレースとして認知されている。

 ちなみに昨年の勝ち馬は、同年の仏ダービー馬のセントマークスバシリカ。4月のドバイシーマクラシック(G1)で日本のクロノジェネシスやラヴズオンリーユーを破ったミシュリフらを寄せ付けずG1・4連勝を飾っている。秋には愛チャンピオンS(G1)で5連勝を飾り、欧州の年度代表馬に輝いた。

 あれから1年。今年も仏ダービー馬のヴァディニが出走を予定している。

超ハイレベルな今年のエクリプスS

 

 先月の仏ダービー(G1)を5馬身差で圧勝し、凱旋門賞を目指すタイトルホルダーや日本ダービー馬ドウデュースなど日本勢のライバルになることが懸念されていたが、今回は約850万円の追加登録料を支払っての出走。陣営は完全に2000m路線に舵を切っており、2400mには興味がないようだ。

 この仏ダービー馬に待ったをかけるのが、同じ3歳馬の世代No.1マイラー・ネイティヴトレイルだ。

 昨年、G1・2勝を含む無傷の4連勝で欧州の最優秀2歳牡馬に輝いたネイティヴトレイル。今春の英2000ギニー(G1)を2着に敗れてキャリア初黒星を喫したものの、続く愛2000ギニー(G1)で貫録のG1・3勝目。今回が初の2000m挑戦になるが、あっさりこなしてしまうだけのスケールを感じさせる逸材だ。

 今年のエクリプスSがハイレベルと言われる所以はこの2頭が、日本のシャフリヤールが敗れたプリンスオヴウェールズS(G1)で1番人気(2着)だったベイブリッジや、昨年の3着馬ミシュリフらを抑えて一騎打ちの様相を呈していることだ。

 まだ夏競馬が始まったばかりだが、間違いなく秋の中距離戦線に大きな影響を与えるレースになるだろう。

JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合