NEW

JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新

【この記事のキーワード】, ,
JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!?  約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新の画像1
競馬つらつらより

「正直、ここまで離すとは思いませんでした」

 驚きを隠さない丹内祐次騎手のコメントが、このレースを観た者の感想を集約していた。

 2日、函館競馬場で行われた8R・3歳以上1勝クラス(ダート2400m)は、3番人気のヤマノマタカ(牡5歳、美浦・相沢郁厩舎)が勝利。2着馬を10馬身突き放す圧勝で、約2年5カ月ぶりの勝利を挙げた。

10馬身差の圧勝でレコード更新

 一体、誰がこれほどの圧勝劇を予想できただろうか。2020年の2月に未勝利戦を勝ち上がって以来、1勝クラスで2着2回3着6回4着3回5着2回……勝てそうで勝てないまま2年以上クラスの壁に阻まれながら、今回が20度目の挑戦という節目だった。

 そんなヤマノマタカは、この日もスタートであまりダッシュがつかずに中団から。これまで通りの堅実な……そして、あと一歩足りないレースが繰り返されるかに見えたが、外から徐々にポジションを上げると、向正面で先頭に躍り出た。

 だが、丹内騎手の思い切った奇襲で先頭に立ったものの、勝負どころを待たずに早々にムチが入る怪しい手応え。これまで逃げの手に出て敗れた経験もあり、今回の奇襲も失敗に思えた。だが、ここからヤマノマタカが“真価”を見せた。いつ後続に飲み込まれてもおかしくないように見えたが、追い越そうとした馬が次々と脱落……。4コーナーを回る頃には独走態勢になっていた。

 終わってみれば、2着ディサイドに10馬身差をつける大楽勝。勝ち時計の2:32.2はコースレコードというオマケまで付いた。

「不思議なレースでした。ダート2400mという特殊な距離らしいスローペースだったので、丹内騎手が早めにポジションを上げたのはファインプレーでしたが、ハナに立ってすぐにムチが入っていたので、ほとんど期待していなかったんですが……。いつ止まってもおかしくなかったんですけど、最後まで止まりませんでした。

これまでは絵に描いたような善戦マンでしたが、この日はまるで別馬のような走りでした。最後の直線はほぼ独走といった感じでしたが、丹内騎手からはムチが飛んでいましたよ。良い意味で想定外の走りだったんでしょうね」(競馬記者)

 記者曰く、この勝利で函館ダート2400mのレコードホルダーとなったヤマノマタカには、感慨深いちょっとしたエピソードがあるという。

JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合