NEW

JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!

【この記事のキーワード】, ,
JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ! の画像1
ヒートオンビート

 10日、福島競馬場では七夕賞(G3)が行われる。荒れるハンデ重賞として知られるが、直近の勝ち馬7頭のうち6頭が斤量57kg以上を背負っており、ハンデに恵まれた馬による棚ぼたの勝利は難しいレースでもある。

 中心は重賞未勝利ながら、それなりのハンデが見込まれるヒートオンビート(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)か。

 母が桜花賞馬のマルセリーナという良血馬だが、オープン入りしたのは4歳になってからと出世はやや遅れた。ところが重賞初出走となった目黒記念(G2)でいきなり2着に食い込むと、休み明けで8着に敗れた京都大賞典(G2)を挟んで、チャレンジC(G3)2着、中山金杯(G3)3着、日経賞(G2)3着と持ち前の安定感を発揮。前走の天皇賞・春(G1)でも4着に健闘し、重賞級の力を証明している。

 今回は一気の距離短縮と初の福島コースをクリアできれば、勝利に最も近い存在だろう。秋に向けて賞金加算は必須。宝塚記念(G1)除外の鬱憤をここで晴らせるか。

 福島コースは未知数のヒートオンビートに対し、現役屈指のコース巧者として知られるのがヴァンケドミンゴ(牡6歳、栗東・藤岡健一厩舎)だ。

 これまで全4勝を福島で挙げるなど、通算成績は「4-1-1-2」。重賞でも2年前の当レース3着と同年福島記念(G3)の2着がある。

 今年は2月に小倉で行われた関門橋S(OP)で1戦(4着)したのみで、これが2戦目。得意の福島を狙いすましての3年連続参戦は何とも不気味だ。

 鞍上は主戦の酒井学騎手が負傷中のため、津村明秀騎手へと乗り替わる。これが3度目のコンビで、今回と同じコースの未勝利戦では初勝利に導いている。

 福島開催の重賞は4つあるが、津村騎手はそのうち3つをすでに制覇。ヴァンケドミンゴとのコンビで残す七夕賞を制し、コンプリート達成を狙う。

 ヒュミドール(セ6歳、美浦・小手川準厩舎)は、昨年の小倉記念(G3)と福島記念で2着した実績の持ち主。

 今年は中山記念(G2)で6着後、大阪杯(G1)でG1に初挑戦するも壁は厚く、ブービー15着に大敗した。G1経験を糧に、今回は得意のローカルハンデ重賞で出直しの一戦を迎える。

 福島では2勝クラス勝ちもあって、コース替わりは大きなプラス。中山記念から手綱を取るM.デムーロ騎手が引き続き騎乗予定なのも心強い。11度目の重賞挑戦で待望の勝利をつかみたい。

JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合