NEW

JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ

【この記事のキーワード】, ,
JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキの画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 負の連鎖は一体どこまで続くのだろうか……。

 3日、小倉競馬場で行われた2Rの3歳未勝利は北村友一騎手の5番人気クラシックステップが優勝。近2走はいずれも後方から末脚不発の二桁着順に敗れていたが、今回は前目のポジションからレースを進め鮮やかな差し切り勝ちを決めた。

大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?

 その一方で、単勝1.7倍の断然人気に支持された川田将雅騎手のスウィートスカー(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)はまたも2着に敗れた。これでデビュー戦から3走続けての2着。今回は初めて川田騎手を鞍上に配し盤石の体制で挑んだものの、またしても初勝利はお預けとなった。

 16頭立ての芝1800mのレース。2枠4番からスタートしたスウィートスカーは、道中を4、5番手で追走。ややゆったりとした流れのなか4コーナーから徐々に押し上げると、先に抜け出そうとしていたクリオミニーズを追いかける形で最後の直線に入る。

 一杯になったクリオミニーズを残り200m地点で捕らえ、初勝利のゴールがすぐそこまで迫っていたものの、外から伸びてきたクラシックステップに交わされ万事休す。ライバルの強烈な末脚に成す術なく捻じ伏せられた。

「過去2戦を振り返っても最後の末脚は安定していましたし、鞍上も不完全燃焼とならないように早めに前の馬を捕まえにいったのだと思います。4か月半ぶりでプラス10キロの馬体重も多少影響はあったかもしれませんが、それでもスウィートスカーはメンバー中2位の上がり35秒4の末脚を使っています。

これに対し、勝ち馬がマークした上がりは最速の34秒8。すぐ後ろからこれだけ決め手の差をつけられれば、今回は相手が一枚上だったという他ないでしょう」(競馬誌ライター)

 騎乗馬の選定に抜かりの無い川田騎手だが、実はこの敗戦が単勝1倍台の馬で7連敗目。先月12日の東京4Rで挙げたルージュアルルでの勝利を最後に、1か月ほどに渡る負の連鎖が続いている。

「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖

 そのキッカケとなってしまったのが、同日に東京競馬場でデビューした際「3億円ホース」として話題となったダノンザタイガーの敗戦だった。

 前日に中京競馬場で行われた2歳新馬では、同じように単勝1倍台のマラキナイアに騎乗してきっちり勝利していた川田騎手。ここも評判の高額馬とあって、デビュー勝ちは通過点に過ぎないと思われた。

JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合