NEW

パチンコ「大当り終了後も出っ放し」状態!?

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「大当り終了後も出っ放し」状態!?の画像1

多くのユーザーを虜にした名作の数々

 ひと昔前までのパチンコは種別があり、「デジパチ」「羽根モノ」「権利モノ」「一般電役」という区分でした。

「一般電役」のゲーム性は、基本的に大当り後に1個目の電チュー(もしくはアタッカー)に玉を入賞させないと、他の電チューを連動させることができません。連動させられないのならば、出玉を得ることができないのです。

 さらに、電チューを連動させている間に別側に備え付けのスルースタートから連チャンを目指すことが可能です。大当り中に再度大当りすると、そこから大当りスタート→出玉もそこからまた増えていきます。

 ただし一般電役は他の種別よりは機種数も少なく、設置台数も少なかったのです。理由は定かではありません。デジパチ感覚で打てますが、スタートはスルー方式なので権利モノと同じく持ち玉の減りは早く、大当りして電チューに入賞できなければ、いわゆるパンクと同じでした。

 そんな一般電役を創意工夫し、現在でも発表しているメーカーが「豊丸産業」です。

「画期的な機能」を初搭載したパチンコ機

 豊丸産業と一般電役の代名詞的な大ヒット作といえば、『ナナシー』しかないと思います。大当り確率は当時では遊びやすい158分の1で、純正な大当り出玉1回分の出玉は約2,400発でした。独特な絵柄構成で上段と下段のコインがそれぞれ3つ揃って大当り…これは、他のメーカーにマネができなかった仕様でしょう。

 この『ナナシー』の登場は1996年でしたが、それよりも前の1994年に一般電役の地位を確立した機種が登場しました。『勝負伝説』です。

パチンコ「大当り終了後も出っ放し」状態!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合