NEW

新台6.5号機で「パチスロ完全復活」を実感…

【この記事のキーワード】,

新台6.5号機で「パチスロ完全復活」を実感…の画像1

「パチスロ完全復活」を実感…新台6.5号機『犬夜叉』を実戦

 各地で猛威を奮っている6.5号機。インターネットでは「パチスロ完全復活」という見出しもチラホラ目にするようになった。

 関東では一部機種の導入が遅れているようだが、SANKYOの『パチスロ アクエリオン ALL STARS』やクロスアルファの『パチスロ犬夜叉』は万枚の報告がバンバン出ている印象だ。

 そこで今回は『パチスロ 犬夜叉』を実戦。その様子をレポートしていきたい。

 レポートの前にスペックをおさらいしておこう。本機はATと疑似ボーナスを連打させて出玉を増やすタイプで、純増はATが約1.8枚、疑似ボーナスが約5枚となっている。

 通常時は擬似ボーナスからATを目指すゲーム性。いかなる時も疑似遊技「ブッた斬り」がカギを握る。レア役や状態で抽選されており、通常時に「ブッた斬り」発生で疑似ボーナスの前兆へ移行する仕様だ。

 設定は6段階で疑似ボーナスは1/278〜1/247、AT確率は1/457〜1/313。初当りの疑似ボーナスに大きな設定差はないが、AT突入率に大きな差が設けられている。

 出玉率は97.8%〜112.2%と、現行の6.5号機では最高峰の数値。一撃狙いだけでなく設定狙いでも活躍しそうだ。

ATをやれるか否かで全く展開が違う

 本機は基本的にレア役で「ブッた斬り」を目指さなければ始まらない。レア役のヒキが悪いと疑似ボーナスが遠く、実戦では初当りが390G、421G、53G、608Gとやや重くなってしまった。

 ATの初当りに関しては「全ての疑似ボーナスがATに繋がり」高設定の雰囲気を漂わせるも…結果はマイナス1500枚。ATをやれるか否かで全く展開が違う。「設定は関係ないのでは?」とすら思ってしまうほどであった。

新台6.5号機で「パチスロ完全復活」を実感…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合