NEW

パチンコ新台「確率1/27.3×一撃7000発」スペックなど話題作を続々と発表! 苦境でも攻め続ける個性派メーカー!!

【この記事のキーワード】, , ,
パチンコ新台「確率1/27.3×一撃7000発」スペックなど話題作を続々と発表! 苦境でも攻め続ける個性派メーカー!!の画像1
苦境でも攻め続ける個性派メーカー!!

個性派メーカー高尾が新プロジェクトを始動

 衝撃の民事再生法適用申請から迎えた一発目の新機種『P銭形平次3 DENKOUSEKKA』が発表されましたが、同時に新たなプロジェクトについて言及がありました。それが「TAKA乙女 from LinQ」です。

 九州を拠点に活動しているアイドルグループ「LinQ」と一緒に高尾のパチンコを盛り上げようと、まずは『P銭形平次3』導入までにさまざまな企画を行っていくとのこと。特設サイトも公開され、「パチパチ高尾女学園」なる番組もスタートしました。

 高尾とアイドルの関係性といえば『ぱちんこCRおしおきくのいち忍法帳28Ver.』で、ご当地アイドルのライブシーンが流れるRUSH演出がありました。ここに「LinQ」も出場していたのか定かではありませんが、ご当地アイドルとの繋がりはありました。

 先述したプロジェクトを知ったのは、ちょうど『P一球魂GOLDピラミッ伝』を打って高尾を応援していた最中です。虫の知らせとでも言うのでしょうか、これも何かの縁ですね。50%のRUSHには全然入らないでやきもきしていますが。

『おしおきピラミッ伝』は相性よかったんですけどね。サクッとRUSHに入ってけっこうな連チャンをしてくれました。まさにジーニアスの華麗なワンタッチシュートです。ジーニアスというのは柿谷曜一朗のことで、この『おしおきピラミッ伝』でタイアップしていたタレント・丸高愛実が彼と結婚したという流れからの話です。説明させるな。

 さて、同じ民事再生法適用申請をしたマルホンは粛々とひっそりと地道に活動を展開していたこともあり、そのギャップがえぐいです。臆することなく逆に打って出る感じ、さすがすぎる高尾。

新台の気になるスペックは?

 肝心の『P銭形平次3』のほうは、継続率が84%の「電光石火モード」を搭載。7カウント以内で決着がつく高ループ高スピードタイプのゲーム性となっている模様です。さらに、右打ち中は73%で10ラウンド1500発を獲得できるようで、パワフルな出玉性能による爆連を期待できる仕様となります。

 大当り確率は1/319のミドルタイプで次回ループタイプの確変システムというスペックですね。ちなみにLinQのメンバーも演出に登場。巫女となってさまざまな場面で活躍するようです。

 この最新機種と一大プロジェクトの発表に先駆けて『Pあっぱれ!夏物語ドカン!!と一発7000Ver.』の機種サイトも公開されています。現状、スペックだけの公開ですが、特図1の大当り確率が約1/27.3で5回セット、払い出し個数が7000発と一撃性のある機種になります。

 ネットを漁ると試打動画も確認できるようで、いわゆる一発台、権利物的な役物マシンになってるとかなっていないとかの噂も。大当り時に流れる楽曲が最高です。

 ちょっとどころかかなり心配していた高尾の動向ですが、元気にやっているようでひとまず安心しました。もちろん、ここから業績を回復していくなど営業・経営面のあれこれが重要になりますが、応援姿勢で高尾のこれからを見守っていきたい町男です。

(文=大森町男)
<著者プロフィール>
 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
パチンコ「軽くても一撃万発」など話題作を発表…破壊の限りを尽くす激熱シリーズ最新作も降臨!!
パチスロ「甘いけど荒れる」と噂の6.5号機で快勝!!【由美子のスピリチュアルジャーニー 第17回】
【パチスロ名機列伝~アラジンⅡ編~】初代を継承するも時代の流れに逆らえずに裏モノ化

パチンコ新台「確率1/27.3×一撃7000発」スペックなど話題作を続々と発表! 苦境でも攻め続ける個性派メーカー!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合